仕事で使える!「Twitter」超入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

140文字の魔力に嵌っている日本人が、相当増加している。ブログを書くよりTwitterのほうが気楽であることは間違いない。タイトルを考えないでよいのも、つぶやく際のハードルが相当下がる。英語に比べても表意文字の日本語は140字と言う文字制限で有利な言語であるのもうれしい。
最近、そのTwitterをコミュニケーションツールに利用する企業が、日本でも増え始めた。アメリカではDELLやCISCOの成功事例が散見されているが、遅ればせながらTSUTAYAやキタムラなどが利用を始めている。しかし、ユーザーとの距離がまだあるようで、今後はこのtwitterのコミュニケーション周りのコンサルというビジネスも、広告会社の領域になってくるだろう。
ニュースリリースの配信もTwitterで実施し、Twitterを有効利用しているブロガーの協力を得て、口コミを醸成した後、マスでコミュニケーションし、一気に認知を高めるなどの施策は今後効果的だろう。
また、アメリカのエアーラインのJetblueのTwitterでのクレーム対策なども、デパートや流通業界の方も研究して、取り入れるべき手法だろう。

6月の日本のTwitterのマーケティングデータを見ると
【メディアプロフィール (日本語PC版のみ)】
・全体PV :約 4,000万PV/月(日本語PC版のみ)
・全体UU :約 100万UU/月(日本語PC版のみ)
・1回の訪問で、1UUあたり、平均 6PVの閲覧
・1回の訪問で、1UUあたり、平均 7分の滞留
と相当のユーザーが日本でもTwitterでコミュニケーションしている。
因みにtwitterの大衆化に貢献した勝間和代は今年の7月~の利用だ。

小川浩氏の「仕事で使える!「Twitter」超入門」として短期間にTwitterを知ることが可能。
一気に読める新書なのもうれしい!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る