わくわく様 野田宜成さんとご一緒して「大人の勉強法」について教えていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「徳本昌大のビジネス得本」の今週のゲストは元船井総研のコンサルタント野田宣成さん

でした。野田さんはいつもニコニコで、わくわく様がキャッチフレーズです。
昨日の番組でわくわく様って何ですかと質問してみました。

そうすると野田さんの答えは!

「お疲れさまだと疲れそう、わくわく様だと元気がでますよね」と言うポジティブな答え。
昨日の番組でも相当元気をいただきました。下の写真の右側が野田さんです。(バックのグリーンはクロマキー合成用のスクリーンです。)

野田さんとクロマキーの前でツーショット
合成された映像をチェックするモニター

野田さんは、今までに4500人以上の社長に会ってこられた辣腕コンサルタント。
野田さん曰く、成長し続ける会社の社長には共通点があるそうです。
どんな会社でも3年ぐらいは、なんとか行くそうです。
しかし、3年が会社の分岐点。
3年以上会社が続く秘訣とは??

答え!!
社長が数字に適当な会社は駄目だそうです。
社長に会社の売り上げや利益を質問しても、
アバウトな答えをする社長の会社は
長続きしないそうです。これは面白いですね!

自分の会社の経営者をチェックするときや、取引先と仕事をするときに
これなら直ぐに確認出来ますね!!

それ以外にも番組では、野田さんが得意な「数値力」と「大人の勉強法」について
教えていただきました。
詳細はこちらの番組 「徳本昌大のビジネス得本」 
でご確認ください。

あと毎朝届く野田さんのメルマガとても面白いです。
ワクワクしながら、朝の通勤時に私は読ませていただいています。
登録は空メールを野田さんのアドレス noda@star7.jp に送ってください。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る