ループス・コミュニケーションズの加藤さん、北野さんにスポーツとソーシャルメディアについて伺いました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

本日3月3日にループス・コミュニケーションズの若手社員の 
北野 達也さん 加藤たけしさんをゲストに迎えて
USTREAM「徳本昌大のビジネス得本」
配信させていただきました。

お二人とも、得意な領域が明確で
素敵なセルフブランディングをなさっています。
特に、今日初対面の北野達也さんの
お話は面白く、その後のランチでも盛り上がりました。

北野さんが中心の書籍「ソーシャルメディア・ダイナミックス」

その北野さん、大学を卒業後アルゼンチンの
サッカーチームに所属するほどの実力者。
怪我で夢はあきらめたものの
現在ではソーシャルメディアとスポーツを
つなぐビジネスを考えているそうです。

私の番組内でもソーシャルメディアの最新事例
サッカー選手のクリスチャーノ・ロナウドの
facebookページを 紹介いただきました。
なんとファン数2000万人超、現在世界18位だそうです。
2000万人ってすごいですよね!!

スポーツ選手やチームは
ファンが集まってくれて
初めてビジネスが成立します。
欧米の選手やチームはファンと同じ視点に立って
個人やチームのコミュニケーションを行って
ブランディングしています。
(上から目線ではないスポーツ選手っていいね!)
スポーツ選手とソーシャルメディアで隠し事なしに
コミュニケーションできるのは素敵です。

北野さんは日本のスポーツ界でも
ソーシャルメディアはもっと活用されるべきだと考えています。
JリーグのFacebookページなど
新しい取り組みが始まっているそうです。
また、北野さん自身もそういう活動を
今後応援したいと
ポジティブに豊富を語ってくださいました。

また、北野さんはすばらしいNPOの活動をなっさています。
Globeプロジェクトという
地雷がなくなるフットサル大会を実施するNPOだそうです。
そちらで、ソーシャルメディアアドバイザーとして
現在、活動していらっしゃいます。
具体的には、日本で開催するフットサル大会毎に、
コートと同じ面積分の
タイ・カンボジア地雷原が除去される仕組み

参加費の一部が地雷除去費用に)だそうでです

「楽しむことが誰かのためになる」という新しい価値観を
世の中に発信していかれています。
すばらしい取り組みです。
ぜひGlobeプロジェクト
「いいね!」ボタンで応援ください。

相当、長くなったので
加藤たけしさんのご紹介はまた、次回別途させていただきます。


スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る