「DELIVERING Happiness」! looops.TVは「ザッポス伝説」の本荘さんをお招きしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私、ソーシャルおじさん徳本昌大も
関わらせていただいている「looops.TV」 
昨日3月1日 の配信は
顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
の監修を手がけられた
本荘修二さんをゲストにお招きしました。

斉藤徹さんと本荘さんのザッポス論議はとても面白く
USTREAM、ソーシャルストリームもとても盛り上がり
視聴者との方々との
インタラクティブなコミュニケーションが図れました。
ご覧いただいた方に、感謝申し上げます。

本荘さんとソーシャルおじさんのツーショット

ザッポスLOVEと言い切る本荘さんのお話は本当に面白かったです。

以下書籍のマーケティングに関して簡単にご紹介
「ザッポス伝説」のアメリカでのタイトル
「DELIVERING Happiness」
意識したキャンペーンを
トニー シェイは全米で行いました。
書籍の発売前には思わず
ブロガーが記事を書きたくなる
キャンペーンを実施したそうです。
ブログに書くことを条件にはしていますが、
ブロガーのプロフィールをザッポスに送れば、
電子版ではない、リアルの書籍を
応募者全員に配布するキャンペーンを
展開したそうです。
実際の書籍というのがミソですよね!

ハピネスをシェアするというコンセプト設計の下

ソーシャルメディアを意識したブロガーキャンペーンや
ハッピネス バスを使用したキャラバン
慈善団体での活動など、
様々なコンタクトポイントで
ザッポスらしいサプライズを用意しているので
いろいろな人がいろいろな
モチベーションで応援したくなります。
次々メディアで取り上げられて
人をエンパワーしていく、
その結果
書籍の売り上げがますますアップしていきます。

そういったコミュニケーションミックスで
昨年末の段階で「ザッポス伝説」は
ビジネス書ではアメリカで昨年第4位の
売り上げ成績を上げたそうです。

私のように、書籍「ザッポス伝説」で
ザッポスのコアバリューを知った
アメリカ人も多かったことでしょう。

そうなんです!
書籍でも企業のコアバリューを
コミュニケーション できるという事実を
トニー シェイは改めて
この「ザッポス伝説」で我々に教えてくれました。
(日本の社長本マーケティングに一石を投じています!)

今回の「looops.TV」 でも
ソーシャルで活動している方々のスタジオ参加で
私にとっての新しい出会いが、またまた生まれました。

本荘さんとの出会いも含めて
ザッポスのおかげで「DELIVERING Happiness」
正に体験させていただけたのです。
私にとっては、
looops.TVは最高な出会いの場になっています!

PS
ザッポスインサイトという 別会社もあるそうです。
ザッポスの体験ができるとのこと!

looops.TVのご視聴はこちらから 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る