吊り橋効果、そして人間同士のつながりについて考えてみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2001年の9・11のときに話題になった吊り橋効果
東日本大震災後
メディアでも良く取り上げられています。
実際あの9・11テロ事件後
実際、恐怖感に囚われたNY市民の間では結婚が増えたとのこと。

さて、その吊り橋効果とは どういうものでしょうか。
以下簡単にまとめます。
カナダの心理学者ダットンとアロンが1974年に
発表した実験結果に基づくものだそうです。
18〜35歳の男性を集め
一方は揺れる吊り橋の上で
一方は揺れない頑丈な橋の上で
女性と一緒に橋を渡ってもらいます。
その橋の途中で、突然女性からアンケートを受け、
『その結果を知りたければ後日電話してください。』
と電話番号のメモを渡すという実験をしました。
その結果は

揺れる吊り橋でアンケートを受けた男性の
ほとんどは電話をしてきたのに対して

揺れない橋でアンケート受けた男性で電話をかけてきたのは
1割にも満たなかったというものです。 

不安な状況を誰かと一緒に過ごしたいというのは
人間のあたりまえの本能でしょう。
暗闇やお化け屋敷などでは誰かの手を
つないでいたいものです。

地震後のソーシャルメディアでのコミュニケーションも
安否確認だけではなく
誰かとつながっていたい願望から
ソーシャルメディアを積極利用したのではないでしょうか。
実際、私も帰宅難民と化した
震災当日にはソーシャルメディアでみなさんと
つながっていることで相当安心しました。

さて、その吊り橋効果ですが
実際、日本でも昨日の4月18日付けの日刊記事によると
オーネット(楽天の結婚情報サービス) では
女性からの資料請求が増えているとのこと。

今回の地震、大津波という天災。
人災とも言える放射能汚染の前で
一人で生きていくのは確かに寂しくつらいかもしれません。

私などは小さな子供たちの寝顔を見るたびに
「自分がしっかりせねば」と勇気を鼓舞しています。
また、子供の何気ない笑顔に何度も助けられました。
笑うことは本当に大事ですね。

様々な困難も一人では解決できません。
誰かと話すことで相当気分も落ち着きます。
震災後一ヶ月以上の時間が経ちましたが
日々、人間同士のつながりに感謝しています。
今日もそして明日以降も
皆さんとリアル&ソーシャルメディアで
お話しさせてください。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る