好きこそ物の上手なれ! ソーシャルメディア時代の生き方にはこのワードが最適!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日6月7日付けの日経の文化欄を読んでいて
「好きこそ好きこそ物の上手なれ!」だなと思いました。

「ジャズの巨人足跡を追って」というエッセーを書かれている
藤岡靖洋さんは「きものふじ岡」の経営の傍ら
コルトレーン――ジャズの殉教者
という書籍を書いてしまうほどの
コルトレーン好き。
自宅の近くには
藤岡さんがアメリカで集めた
コルトレーンの資料や写真を公開する
「Coltrane House」という
博物館まで建ててしまう素晴らしさ!

実際、藤岡靖洋さんのこの功績も
「好きこそ物の上手なれ!」
が入り口になっています。
コルトレーン好きの藤岡さんのアクティブな行動に
アメリカ人が巻き込まれていくことで
どんどんコルトレーンの情報が集まっていったことが
今日の日経を読んでいてよく分かりました。

藤岡靖洋さんのブログの情報量も
コルトレーン好きにはたまらず
とても勉強になります。
発信することで、人が集まってきている好事例ですね。

藤岡靖洋さんのアクションを見ていて
ソーシャルメディア時代の生き方としても
とても参考になりました。
①ジョン・コルトレーンというフラッグを立てる。
②パッションを持つ。
③アクションを起こすこと
遥かと遠くのアメリカ人が藤岡さんに共感し
コルトレーンの秘蔵音源や映像を
次々藤岡さんに提供してくれるのです。
正に 藤岡さんのマキコミ力!
とても勉強になります。

2011年、現在の私たちには人と人をつなぐ
共感型のソーシャルメディアがあります。
自己実現のためにやりたいことのフラッグを立てて
パッションを持ってアクティブに動くことが
大事だと、藤岡靖洋さんに改めて教えていただきました。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る