アジアのFacebookの7月の推定ユーザー数 日本は385万人 普及率はわずか3%。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セレージャテクノロジーから7月のアジアでの
Facebookの推定ユーザー数が一7月15日に発表になっています。
注目の日本は6月の360万人から
7月は6.5%増加して385万人になりました。
アジアではインドネシア、インド、フィリピンと続き
日本は国別のランクで10位になっています。

対人口割合で考えると日本のFacebookの普及率は
わずか3%なのですね。
インドネシアの17%、フィリピンの22.7%
アメリカの50%程度と比較するとちょっと淋しいですね。

しかし、私の周りの方々はほとんど
Facebookでコミュニケーションをとっています。
3%の人が私の周りに集まっているのか?
あるいは、私がFacebookユーザーの方としか
コミュニケーションしていないのか?
どちらなのでしょう?
ちょっと不思議な感覚に陥りました。

昨日、オルタナブログに書いたのですが
中国の新浪微博というサービスは
ユーザー数がなんと1億4千万人!
中国とビジネスをしている日本企業にとっては
今後、新浪での情報発信も考える必要があるのではと書きましたが
東南アジアのインドネシア タイ フィリピン 
マレーシア シンガポールなどのユーザー数を見ていると
東南アジア向けの
Facebookでのコミュニケーションも
重要になってきそうです。
ソーシャルメディア時代には国境がないのと
世代、年代、関心領域、デバイスごとに
リーチできるメディアも変わります。
日本国内だけではなく、世界中でソーシャルメディアが
日々成長している時代。
海外展開している日本企業も
日本主導のマーケティングではなく、
進出先にマーコムの権限委譲を進めて現地化していかないと
コミュニケーション設計も
できない時代になっていくのかもしれません。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る