数冊の書籍をアマゾンで購入、スペンドシフトが面白い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

その中から
スペンド・シフト ― <希望>をもたらす消費 ―
を今日8月7日はご紹介。

かわいいイラストと
『「希望」をもたらす消費』という
サブタイトルが今の時代をうまく表現していますね。
この「スペンドシフト」は
書店の平積みで見つけて
アマゾンで発注していました。
昨日、自宅に届いたので早速読み始め
共感しましたので簡単にご紹介します。

「もっともっと」という大量生産時代の消費と
現在のソーシャルメディア時代の共感消費は異なります。
それを一言で表すと
人や社会の役に立つ
価値のある消費と言えるかもしれません。

この書籍「スペンドシフト」を読みながら、
お金の使い方が本当に変わり始めていることを実感しました。

以下、簡単にこの「スペンドシフト」を整理してみます。

・自分を飾るより⇒自分を賢くするためにお金を使う。
・ただ安く買うより⇒地域が潤うようにお金を使う。
・モノを手に入れるより⇒絆を強めるためにお金を使う。
・有名企業でなくても⇒信頼できる企業から買う。
・消費するだけでなく⇒自ら創造する人になる。

今後、この「スペンドシフト」のムーブメントによって
個人、社会、そして企業活動は
間違いなく大きく変わっていくことでしょう。
まさに個人のアクションが
世の中を変え始めていることを
実感できる一冊です。
環境に優しいだとか
地域のためになるだとか
少しでも世の中をよくするための消費かを考えながら
お金を使っていきたいと思います。
また、家族ともこのテーマで色々話をしながら
お金の使い方を決めたいと思います。
今、10歳の私の娘が成人する頃には
企業のマインドも今とは
大きく変わっているように
まずは家族から
スペンドシフトを起こしていきたいですね。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る