カナダのカーシェアリングは進んでいます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今朝(9月27日)のJ-Waveでオンエアーされていましたが
カナダがカーシェアリングの先進国だと紹介されていました。
カナダのモントリオールを拠点とする
コミューンオート(Communauto)は8月中旬
日産自動車のEV(電気自動車)「Leaf」を50台を導入し
EVカーシェアリング事業を試験的にスタートしたとのことです。

(c)AFP/Guillaume LAVALLEE

1時間単位で車をレンタルできるカーシェアリングに
電気自動車EVという発想は良いですね。
モントリオール市民にとっても
手軽に電気自動車にテストで試乗できるメリットがあります。
電気自動車に乗るチャンスって、なかなかないので
気軽に町中でカーシェアできるのはうれしいですね。
モントリオールにとっても環境に優しい町と言うブランディングができます。
メーカーの日産自動車にとっても、
ブランディング、PR施策としてベストなタイアップです。
環境に優しいEVの認知アップ 理解促進 利用促進の一石三鳥
このカーシェアリング事業で上手にできています。
このニュースのPR効果は素晴らしく
ソーシャルメディアでのシェアも世界中で起こっているのではないでしょうか?
カーシェアリングとソーシャルメディアの相性は
間違いなく良いですからね!

モントリオールでのコミューンオート(Communauto)の料金設定は格安で
会員登録料を払えば、1回のレンタル料は
燃料代込みで1時間約2ドル(約150円)だそうです。
東京の感覚でいけばバスより安いですね。

マーケティング的にも価値があることは
自動車コラムニストのデニス・デュケ(Denis Duquet)氏の発言を
読んでいただければ納得いただけるでしょう。
以下AFPBBニュースから引用
カーシェアリングによって少なくとも一部のドライバーがEVに乗り換え、
EV需要を押し上げることになるだろうと予想する。
「生産台数が増え、価格が下がれば、コミューンオートでEVを利用した人たちが
ゆくゆくは自分でEVを購入することはあり得るだろう」

問題は町中での充電ぐらいだろうが、
これもEVが普及すれば解決していくだろう。
コミューンオート(Communauto)のこの試みは
いろいろな意味で評価されるべきだろう。
日産や東京都、カー社エリング事業者のタイアップで
ぜひ日本でこの事業を後押しするプロジェクトを立ち上げてもらい、
東京を環境都市としてアピールできればベストです。
東京がEVカーシェアリングの先進都市になれば、
日本人としては相当誇れると思います。
もし、そうなれば世界中にソーシャルメディアでシェアしたいです!

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る