アメリカで10$紙幣が印刷されなかったというニュースと電子マネー考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今朝9月16日のJ−WAVE「TOKYO UNITED」
オンエアーされていたニュースが面白かったのでご紹介。
9月10日はクレジットカードの日だったそうですが
今は、買い物での電子マネー、クレジットカードの利用がとても増えています。
インターネットショッピング、CVSのレジなどなど
電子化、データ化が進んでいます。
そんな中
『アメリカでは2009年から2010年にかけて10ド$紙幣が一枚も発行されなかった』
そうです。
ネタ元は「NYタイムズの電子版」。

10$紙幣と言えば
日本では1000円札程度の紙幣ですが
1000円札が、もし昨年印刷されていなかったら
ちょっとびっくりですね。
アメリカでの10$紙幣の印刷がされなかった件ですが
理由は2つ考えられるそうです。
1、電子マネー、クレジットカードの利用増加
2、造幣技術の高度化で紙幣の耐用年数が減ったから

1はすぐ、考えつきますが、造幣技術の進化というのも見逃せません。

さて、最近お金、特にコインを使用するチャンスが相当減りました。
電子マネーの普及とネットでのクレジットカードの使用がやはり増えています。
しかし、リアルでの紙幣やコインの効用は、依然ありますよね。
昔、給料が振込ではなかった時代があったのですが
(私が働きだす前のことです!)
先輩から、こんな話を聞いた事があります。
「給料を封筒で渡すと奥さんから感謝されたんだよね
振込になってからは、ありがとうと言われなくなった!」
確かに、お金を渡したり、いただいたりする時には
感謝の言葉がつきものです。
子供への小遣いやお年玉が電子マネーになるのは
なんだか気持ちが良く有りませんね。
リアルではまだまだ、コインや紙幣がなくなったら
困るという事かもしれません。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る