雑誌SWITCHと片岡義男のかっこ良い話!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今朝のJ−WAVEの「TOKYO MORNING RADIO」聞かれましたか?
「POWER YOUR MORNING」の今週のゲストが
「SWITCH」の生みの親、
株式会社スイッチ・パブリッシング代表の新井敏記さんです。
新井さんはマガジンハウスの「POPEYE」の編集をされる傍ら
ミニコミ誌も運営していたそうです。
その創刊時のストーリーがかっこ良いので
ご紹介させていただきます。
雑誌作りに悩んでいた新井さんは、
小説家の片岡義男さんに相談します。
すると、片岡さんから突然、段ボールが2個届きます。
中には雑誌「Rollingstone」の創刊号から
2年分のバックナンバーが入っていたそうです。
こんな宝物がいきなり送られてきたら
嬉しくてやる気になりますよね
「Rollingstone」は67年に創刊され、
人を追いかける雑誌、人を徹底的に掘り下げる雑誌として有名ですが
それがいきなり送られてきて
雑誌作りのヒントと自分で考えるチャンスを
新井さんに与えた片岡義男さん。
小説だけではなく生き方までクールですね。
結局、新井さんは「Rollingstone」にインスパイアされ
人を特集する雑誌「SWITCH」を創刊します。
この「Rollingstone」は様々な人間を特集してきましたが
特にJohn Lennonとのストーリーが有名です。
69年から亡くなるまで10年間
John Lennonを追いかけ続け、読者に本当のJohn Lennonを伝え続けます。
新井さんのこの辺りの下りは熱いので、番組のPODCAST
是非聞いてみてください。

新井さんは片岡さんとの出会いと刺激で
新雑誌「SWITCH」を創刊できました。
人との出会いとコミュニケーションでビジネスが生まれてくる
この新井さんの逸話には
いろいろなヒントが隠されています。
人と会い、お互いに興味をもち、
自分のやりたい事を話して共感いただければ
人は巻き込まれていくのだということ、これがいいですね。
新井さんと片岡さんの話を聞いて
「マキコミの力」を改めて実感しました。
また、今の時代で、あればもっとスピーディーに人を巻き込んでいます。
ソーシャルメディアとリアルでやりたい事を宣言して共感いただく!
自分自身のやりたいこととと熱意、
そしてコミュニケーション力が問われている気がします。
今後もソーシャルおじさん徳本は
人との出会い、そしてコミュニケーションを
今後も大切にしていきたいです。
因みに雑誌「SWITCH」には変化という意味が有るそうです。
好いタイトルですね!
「SWITCH」も改めて、読んでみたいと思います。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る