Hey Judeのリリースから43年経ちました。AppleレコードとBeatlesの雑感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今朝、J-Waveのジョン・カビラの「TOKYO UNITED」を聴いていたら
突然、Beatlesの「Hey Jude」が流れてきて、びっくりしました。

「Hey Jude」は43年前の1968年8月30日に
Beatles自身が設立したApple・Records初のシングルとして
イギリスでリリースされました。
7分11秒にも及ぶシングル曲は
当時としてはとても珍しかったのですが
イギリス、アメリカではナンバー1ヒットになっています。
当然、ソーシャルおじさんもその頃は子供で
リアルタイムにはBeatlesは体験していませんが、
1975年のちょうど今頃は
JohnやPaulのソロでの楽曲をラジオから聴いていました。
まだ、ドーナツ盤が町のレコード屋で売っていた時代で
Beatlesの「Hey Jude」や「let It Be」などを小遣いをためて買ったのを
今朝のジョン・カビラの番組を聴きながら思い出しました。

なぜ今日、朝から「Hey Jude」がオンエアーされたのかも
すぐに分かりました。
Beatlesのイギリス、アメリカでナンバー1ヒットに輝いた楽曲を集めた
「1」By The Beatles
完全リマスターで9月6日にリリースされるようです。

スティーブ・ジョブズのAppleと
長期間もめていたApple Recordsのファーストシングル「Hey Jude」も
当然そのアルバムの中で聴けます。
JohnもGeorgeも亡くなり、スティーブも退任し
時代はどんどん動いていますが
久々にJ-Waveで聴いた1968年の「Hey Jude」は相変わらず素晴らしく
また、Beatlesを聴いてみようかというキッカケになりました。

Appleと言えばソーシャルおじさん世代にとってはBeatlesだったんですよ。
今はほとんどの方にはiPhoneでしょうが!?笑い。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る