世界の人口が70億人に、そしてシンガポールの一人当たりGDPは日本を超えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ついに世界の人口が70億を突破しそうです。
今月の10月31日には「世界人口が70億を突破する」
ロイターニュースが伝えています。
世界の人口は過去50年で2倍以上に増え
向こう50年でさらに20億─30億人が増えると予想されています。
日本では人口減少が話題になっていますが
世界的には人口は凄い勢いでまだまだ伸びていきそうです。
人口が増えるという事は、競争が激化して
世界中が競争相手になっていくという事です。

日本にいると人口減少、高齢化社会、年金問題、若者の就活浪人など
ネガティブなニュースが多いのですが
世界は確実に当たり前ですが、21世紀になっています。
日本が1990年以降、思考停止に陥って
変化できずにいる中で、世界中が豊かになろうと変わっています。
インターネットが国境と時間軸を変えたおかげで
世界中のビジネスマンと競争しないといけなくなりました。
豊かになる条件が変わり始めています。

そんな中で世界中の資本や人材を集積しているシンガポールが元気です。
まずは、一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2011年)を
日本と比較してみましょう。

[世] 一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2011年)の比較(シンガポール、日本)

皆さん、ご存知でしたか?
今年には、一人当たりの名目GDPで
私たち日本は、シンガポールに抜かれてしまっています。
そして、その差はどんどん大きくなってきていきそうです。
シンガポールは国を上げて、勝負に出ています。
政治家には、何処かの国とは全く異なり
パワフルなリーダーシップと戦略があります。

一例を紹介すると
法人税が優遇されています。
マックス17%で、10万ドル(約700万円)まではなんと0%。
30万ドル(約2100万円)まで8.5%と低率になっています。

ベンチャー支援も充実していて、スタートアップにはもってこいの国家です。
アメリカを狙うという選択肢もありますが
シンガポールをベースにして、アジアマーケットを攻略する
というアイディアもありだと思います。

シンガポールがソーシャルメディアも普及していて
アジアナンバー1を韓国と争っています。
進出した場合のコミュニケーションミックスも
ソーシャルメディアでローコストで展開できそうです。

Conscore Media Metrixの2011年3月調査 
アウンコンサルティングサイトより引用

また、Facebookの普及率は80%近くと
アメリカ同様、FBがコミュニケーションのプラットフォームになっています。

ご縁があって、そのシンガポールに11月に行ってきます。
シンガポールでのビジネス展開を支援するプロジェクトの視察で
現地のコミュニケーション業界との交流も図れそうです。
成長著しいソーシャルメディア先進国のシンガポールに行って、
これからの世界での戦い方のヒントを探してこようと思います!
またこのブログで紹介しますね。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る