「ソーシャルメディアの商用利用に対する意識調査」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Zenbackを運営するシックスアパートさんが
面白い調査を実施していますので共有させていただきます。
全国のブロガーおよびブログ読者を対象とした
「ソーシャルメディアの商用利用に対する意識調査」がそれです。
ユーザーの twitter Facebook ブログなどをどう使い分けているかなど
興味深い調査になっていますので、早速見ていきましょう。


まずは全体的な総括です。
ソーシャルメディアを積極的に利用する先進ユーザーにとって、
企業の運営するTwitterアカウント
Facebookページ、ブログに接触することは
一般的な状況になっており、
ソーシャルメディアを利用した企業のマーケティングやPR活動が
受け入れられている状況がよくわかります
今回の調査対象におけるTwitterへの登録率はなんと93.2%で、
ほとんどのユーザーがTwitterアカウントを持っているとのことです。


最近、facebook時代と言われていて、
一部の方からtwitter軽視発言が聴かれますが
ユーザーの状況を見ていると、
twitterでのコミュニケーションも大事だと再認識しました。
企業のキャンペーン参加に関しても、twitterの強さが分かります。

 

■twitterからのキャンペーン応募は59%と突出して高い。
■twitterからのキャンペーン参加者のリピート率も高い。
インターネット先進ユーザへのtwitterでのアプローチが重要だとわかります。
調査に現れていませんが、ツイートやRTナどの拡散もされているでしょうから
twitterのキャンペーン利用は必須かなと思いました。


企業のFacebookページの「いいね!」ボタンを
 押したことがあるユーザーは55.2%!
 そのうちキャンペーンの応募経験者が26.5%(全体の約15%)
Facebookのいいね!は効果がありそうですが、
どうキャンペーン参加に結びつけるかアイディアをひねる必要がありそうです。


ブログでの流入でも面白い結果が出ています。

企業ブログ認知のきっかけは、企業ウェブサイトからの73.0%。
次いで、ソーシャルメディアからの流入が38.9%。
3位の検索からの30.4%よりも多く
ソーシャルメディアとブログ間での連携が重要になってきています!
ソーシャルメディアの特徴を企業が理解し、
ユーザーをどうキャンペーンに参加させるかがポイントですね。
もはや、ソーシャルメディアを使わないという選択肢はないと
この調査を見ながら思いました。


  • 調査方法:Zenbackの告知欄からアンケート回答を募集
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:ブロガーまたはブログ読者
  • 有効回答数:766件
  • 調査期間:2011年9月15日(木)~9月30日(金)

詳細な調査結果はこちらからDLください。
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る