あなたは新聞を読んでいますか?という調査レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

面白い調査レポートを見つけましたのでご紹介。
4マスと言われている権威メディアの新聞が
読者にとって、どういう位置づけになっているかがわかる調査です。
新聞を読まなくなったという話は良く聞きますが
現状の実態がどうなっているかがわかるレポートとなっています。
ライフメディアのリサーチバンクの調査で調査概要は以下の通り。

■テーマ:新聞に関する調査
■調査結果:有効回答 1200件
■調査期間:2011年10月1日から10月6日
■対象者:10代から60代の全国男女
■キーワード:新聞,一般紙,専門誌

で、まずはこのグラフをご覧ください。

思った以上に新聞が読まれているのが、第一の感想です。
しかし、世代によって完全に傾向が分かれているのが面白いですね。
なんと20代女性の半数以上が新聞を読んでいません。 
そして、60代男性はほぼ毎日読んでいるが82%
60代女性も76%と言う凄い数字になっています。


最近の新聞が健食の通販広告だらけなのも意味が良く分かります。
デバイスと時間というのが露骨にわかる数字です。
ゆっくり紙の新聞を読むというスタイルが
年代によって意味をなさないものになっているのでしょう。


以下調査サマリーです。
■新聞(紙媒体)を「ほぼ毎日読んでいる」人は48%。
 若年層は「ほぼ毎日読んでいる」人が少ない傾向がみられる。
■新聞を読んでいる人の89%が「定期購読(自宅)」で購入していると回答。
■新聞の定期購読は88%が「1紙」と回答。
■59%が最初に目を通すのは「一面」と回答。
■新聞を読んでいない理由は

「インターネットのニュースで十分だから」
「テレビのニュースで十分だから」が上位に。
■新聞の電子版、10%近くが「現在利用している」。

 58%は「利用してみたい」と回答。



新聞社のマーケティング担当の方は
この数字をチャンスと見た方が良さそうですね。
新聞の電子版をどう若い世代にバリューを持たせるかが
新聞が生き残る鍵になりそうです。
58%の利用意向者にどう電子版を読ませて、習慣化させるか?
新聞との接触時間をどう増やせるかがポイントになりそうです。



コミュニケーション設計の視点で行くと
新聞の使い方に関しては、今まで以上に
ターゲットと製品、サービスの関係を整理する必要がありそうです。
当然、ソーシャル連携などを意識していかないといけないですね。
新聞を読まない理由もコミュニケーション設計のヒントになりそうです。


ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る