Amazon電子書籍日本でも参入。講談社さんのSteve Jobs本は電子で読みたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Amazon Kindleの価格政策もびっくりですが、実はデザインも!」や
Kindle Fireは改めて凄いなという雑感」というブログを
最近、書き続けてきてAmazon Kindleの参入を
密かに期待していたのですが
ついに日本でもKindle Fireを使える環境が整いそうです。

今日の日経新聞は一面トップ記事で
アマゾン、日本で電子書籍 年内に 市場拡大に弾み
と報じています。
一部記事を抜粋します。
インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは
日本で電子書籍事業に参入する。
小学館、集英社など出版大手と価格設定などで詰めの交渉に入っており、
年内にも日本語の電子書籍を購入できるサイトを開設。
スマートフォン(高機能携帯電話)などに配信し、
自社の電子書籍端末「キンドル」も投入する構え。

いよいよKindle Fireで電子書籍が読める時代が到来です。
日本の電子書籍マーケットは規格が乱立して
プラットフォームが不在の状況で
ユーザーから見れば使い勝手が悪いものでした。
大手出版社の電子書籍参入の機運が整ってくる中
プラットフォーム& Kindleというデバイスを持つAmazonの参入で
気軽に電子書籍を読めるようになるのは嬉しい限りです。
twitterやFBのコメントを見ていても歓迎ムード一色です。

日本人としてはパワフルなプラトフォームを
日本の会社に作り出してもらいたっかたのですが
規格の統一が関係者の思惑でできなかったのは残念です。

もうすぐ発売されるスティーブ・ジョブズ I
電子書籍でもリリースされるようです。
指先革命をリードしたSteveの自伝こそ
電子書籍で読みたいというのが
ファンの気持ちなので、こういった動きは大歓迎です。
問題はタイミング!
買うならKindleで読みたいので、電子は少し待って
紙の書籍を、まず買うということになりそうです。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。


js.src = “//connect.facebook.net/en_US/all.js#xfbml=1&appId=265622910126157”;
fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る