USのAmazonサイトを見て、Jeff Bezosをリスペクト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本のAmazonも真似してほしいなと思いました。
Amazon USを訪問すると写真のようなバナーで
Appleサイトにリンクします。

一方日本のサイトは
同じAppleなのですが、
商品を売りたいという気持ちが前面に出ていて
ちょっと余裕のなさを感じました。

AmazonとAppleはコンテンツプラットフォームと
KindleとiPadの「指先ギア」で熾烈な戦いをしているライバル。
しかし、その戦いの中
Jeff BezosはSteve Jobsへのリスペクトを忘れていません。

ソーシャルメディア時代は「共感」が
KEYだと良く言われますが
今回のSteveの死を悼んでいる人たちの多くは
Steveの発明したiPhoneやiPadで情報発信しています。
その情報発信者たちとともに
Steveを追悼している経営者たちの姿、言葉が
今回、私の心に触れてきます。
どんなブランディングよりも
最後は経営者の人間力が決めてなのかなと
Steveが亡くなった後に思い始めています。

特に前回9月29日の「Kindle Fire」のKEYNOTE以降
Jeff Bezos Is the New Steve Jobs

と語られるようになった
Jeff Bezosの今回の動きに共感した次第です。

“Steve was a teacher to anyone paying attention,
and today is a very sad day for everyone
who cares about innovation and high standards.”

というBezosの追悼の言葉を再度、今朝噛み締めました。
BezosにとってもSteveは偉大なTeacherだったのですね!

Steveのイノベーティブなマインドを
今後、引き継ぐ経営者のうちの一人であるJeff Bezos。
Steve亡き後のAppleとAmazonは
どのような製品やサービスで戦うのか?
そして、どうi私たちをサプライズさせてくれるのか
興味は尽きません!

オルタナブログ「充電の新しい文化を創れるか?CEATECのオーセラスブースで考えた事」
をアップしました。

twitterは@masahirotokumo で気軽にツイートしています。
FacebookアカウントのTimeline作成しました

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る