シュレッダーで断捨離してみた。企業のDMってなんとかならないのか!から考えた事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

年末が近づいてきて、たまりにたまったDMの整理を始めました。
ウイークデイ、週末も外出が続いたため、本当に久々にDMをシュレッダーしました。
しかし、DMはインターネット、ソーシャルメディア時代なのに全然減らないですね。
ほぼ一時間程度、シュレッダーしていましたが
確かに個人情報がらみのDMはネットに置き換えられないものものあります。

しかし、ネットで情報のやりとりを設定しているにも関わらず
DMが送られてくる会社も多々あります。
日本の金融機関に多い気がします!
(DMを送るのをサービスだと勘違いしているのではないかと思う程の多さです。)
これは、コストと資源の無駄、そして私のシュレッダー行為にもつながり
大事な私の時間をも消費している事実に気付かされました。
そう考えると、こういった会社に対する嫌悪感がふつふつと湧いてきました。

ネット時代には、郵便の使い方なども相当大事になってくると思われます。
ユーザーとのコンタクトポイントをデザインする際に
既存の連絡手段を、再度見直す事も必要なのかもしれません。

逆にお礼状や年賀状に手書きのメッセージが書かれていたりすると
ブランドに対するロイヤリティはアップしたりします。

年賀状も個性があって、メッセージの添えられているものを
いただくととてもハッピーになります。
ユーザーのことをしっかりと見たアクション、コンタクトが益々重要になってきたようです。
これは現場力がないと出来ないアクションです。
ソーシャルメディアのコミュニケーションも含めて
電話、手紙、リアルでのコンタクト等お客様との対話が問われていますね!

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る