2011年はソーシャルおじさんのアウトプット元年。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日12月29日は奥さんの実家に娘を送ってきました。
往復の長時間のドライブで、今年の自分を振り返ってみました。
今年2011年は私にとって、激動の年、変化の年でした。

                                                   photo by(c)Tomo.Yun
昨年の秋に転職した際に、「徳本昌大のビジネス得本
というビジネス書の番組をスタートしました。
これは、私自身が初めて司会をしたUst番組で、
ここから私の露出、アウトプットが本格化していきました。
他にもlooopstvなど多くのUst番組に出演させていただきました。
昨年末、mame3tvでご一緒した中経出版藤田悠さんとのご縁で
私の長年の夢であった書籍の出版も出来ました。
松村太郎さんとの共著 図解 ソーシャルメディア早わかり 
コーチングをお願いしている新堀進さんから、以前、
夢を明確にして、アクションを起こせば、出版も可能ですよ
というアドバイスをいただいたのですが
実際に、ビジネス書の著者へのインタビュー番組や
ソーシャルメディアの情報をアウトプットすることで
出版のチャンスをいただけました。
本当に新堀さんのアドバイスに従い、アクションを起こして良かったと思います。
これ以外にも様々なアウトプットにチャレンジしました。
今、皆さんに読んでいただいているこのブログも
皆さんのお役にたてる情報をアウトプットしようと思い
今年の2月にスタートしました。
ブログをスタートするにあたって、

[mi]みたいもんいしたにまさきさんからいろいろと

ブログの心得を教えていただきました。

そのアドバイスの中で一番響いたのが
「ブログは毎日書かないと意味がない」という言葉でした
毎日、ブログを書くことは、当初は本当に大変でしたが、
インプットしたものをアウトプットすることで、
不思議なことですが、文章を書くことやプレゼンテーションが
どんどん楽しくなっていたのです。
アウトプットの習慣化で、自分が日々変化していることを毎日、実感出来たのも
気分をどんどんポジティブにしてくれました。


書籍の出版やブログを書き始めたことで、他にも多くのチャンスをいただけました。
雑誌の取材やNHKの「おはよう日本」に出演することも出来ました。
ソーシャルメディアのセミナー講師や読書会の主宰など
多くのことにもチャレンジ出来ました。


ソーシャルおじさんとしてアクティブに活動出来た、今年、2011年は
年初に私が考えていた以上に様々な活動に参加出来ました。
それも、ソーシャルメディアとリアルの活動で
多くの方々とも出会えた結果だと思います。
正に、ソーシャル&リアルで起こったセレンディビティのお陰です!
本当に人生はアウトプットなどアクションを起こすことで楽しくなるんだと
48歳になって初めて気付きました。
来年もこのアクションは、継続して行きますので
みなさんご支援、アドバイスをよろしく御願い致します!


ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。


スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る