G+の新しい動き 「Find My Face」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Google+に顔認識技術をベースにしたタグ付け機能
「Find My Face」がリリースされます
Facebookとは異なり、希望者のみにオプトイン方式で提供され
この数日以内に全てのユーザーが利用可能となります。

G+でユーザーが「Find My Face」を有効にすると
そのユーザーが写っている写真が投稿されると自動的にユーザーの顔を認識し
そのユーザーの名前を候補にしたタグ付けダイアログが提示されます。

Facebookの写真認識はオプトアウトしなければ
顔認識が有効になってしまい、ヨーロッパでプライバシー問題にさらされています。
後発のG+は、Facebookのトラブルをいろいろ勉強しながら
サービスをリリース出来るのは、ちょっと有利ですね。


日本でも200万人超えてきたと言われるG+。
Facebookの40%程度のユーザーが使い始めています。
この増殖は相当スピーディーで驚いています。
つい最近FBユーザーが100万人を超えたと騒いでいたら
あっという間に500万ユーザーを超えていったことを考えると
G+のユーザー数は日本で、すぐにFBに追いつきそうです。


他のGoogleサービスとの連携も含め、最近のG+戦略は
ソーシャルメディア下手のGoogleらしく無い動きで
ちょっとGoogleを見直しています。


しかし、本当にGoogleは世界中のデータ、家や道路だけではなく
人の顔までストックし始めているんですね。
メタデータとソーシャルメディアでGoogleは来年、何を仕掛けてくるのでしょう。
楽しみであり、一抹の不安を感じながらこのブログを今朝書いています。


なお、G+に関して情報が欲しい方は
#googleplusupdateという便利な+ページがありますので、ご利用ください。
ここを見ればG+の最新情報や使い方もわかります。


また、Google watchというサイトでも、Googleの最新情報が手に入ります。


ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る