松島さん編集の「パブリック」!今年の私のベストかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いい本に出会うと嬉しくなります。
この年末に、本当に素晴らしい一冊に出会いました。
冒頭から、一気に引き込まれ、ページをめくるのが楽しく
著者Jeff Jarvisが書いている文章一つひとつに共感しました。
そして、Jeff Jarvisの文章を引用して
この数日、結構ソーシャルメディアで発信してしまいました。

今日ご紹介する、その「パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ」は
私の中の今年のベストの一冊かもしれません。

そして、この「パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ」との出会いも
ソーシャルメディアでのセレンディピディによるものが多いのです。
この本の編集者の松島倫明さんとは私が関係するUstreamで出会いました。
松島さんはフリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略など
ソーシャルメディアで話題になった多くの書籍を見い出してきた辣腕編集者です。
もともとは鶴野さんのmame3tvのゲストで出会い
私の番組にもご出演いただいて以来の関係です。

もし、私がソーシャルおじさんとして自分の情報を公開していなければ
多分、業界や年齢が異なる松島さんには出会いませんでした。
本当にソーシャルでのご縁を感じる次第です。

この12月で、私が松島さんとお会いしてから
そう、私が、積極的にソーシャルメディアで露出をはじめてから
ほぼ一年が経過しました。(あっという間でした)
この一年で私の生き方は相当変わりました。
その変化の中で、書籍「パブリック」に出会えたことは本当にラッキーです。
書籍に書かれていることへの共感度が、恐ろしいほど高いのです。
だから、読んでいて楽しかったのですね!

そして「パブリック」の中で私のために書かれたような一言を見つけました。
「パブリックであることはまた、他者という概念を覆す。
赤の他人でも、ある日ある時フェイスブックやツイッターで知り合いになる。」

今年は、本当に私自身をパブリックすることによって、いいご縁が創れた一年でした。
ほとんどこの一年間、私はソーシャルメディアから
私が考えていること、食べたもの、書籍などをパブリック=露出し続けました。
それにより、書籍に書かれているように人々との、出会い、繋がりが加速して
今までとは異なる人生を創り出せ、生きていることが益々楽しくなりました。
「パブリッック」の恩恵を、正に受けることができたのです。

そして、昨日、その松島さんからうれしいツイートを頂きました。

この「パブリック」はソーシャルメディア時代の生き方の指南書として
みなさんのお役に立つと思います。ぜひご一読ください!

そして、松島さん、いい書籍との出会いをデザインしてくれてありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る