書評「情報の呼吸法」 ソーシャルキャピタルをミドルのビジネスマンにも!

遅ればせながら、津田 大介氏情報の呼吸法 (アイデアインク)を読み終えたので
私なりの書評を書かせていただきます。

津田 大介氏との最初の出会いは、友人の加賀谷友典さんのご紹介で5年位前のことでした。
twitterが世に生まれた頃で、ソーシャルメデャ革命前夜でしたが
その時の 津田氏の話はとてもやんちゃ(アクティブ)で
当時の私にとても刺激を与えてくれました。
特に立ち上がったばりだった音楽サービス「ナタリー」について語る津田氏の熱さは
とても印象的で、今でもその時の彼の姿を思い出します。

それ以来、彼とはちゃんとお話ししていませんが
ソーシャルメディアで、彼の活躍を日々拝見していました。
twitterがブームになった2009年以降、彼の関心・行動領域は変化し、
特に、あの東日本大震災以降は政治やメルマガなど新しい世界にチャレンジしている
津田氏ですが、久々に書籍の世界に帰ってきてくれました。
今回リリースされた 情報の呼吸法 (アイデアインク)は、ソーシャルメディア時代の
インプット&アウトプットの需要性を丁寧に説明してくれていて、とても共感できました。

最近、私が強く思っていることがあるのですが
「考え、そして、行動する」という旧来のモデルがソーシャルメディア時代には
通用しなくなっているという厳然たる事実です。
今は、ソーシャルでリアルタイムに繋がりアクションする時代に変化してきています。
そのため、私たちの行動モデルも変化しなければ、世界に取り残されていきます。

私は『「考えながら、行動し、それを発信し、人を巻き込む」というループが

価値あるソーシャルキャピタルを生み出して、未来を明るしてくれる。』 
という思考の下このブログやソーシャルメディアを通じて
私の考えやアクションをできるだけオープンにしています。

そのためかもしれませんが、この情報の呼吸法 (アイデアインク)を読んでいて
特に、印象的で共感できたポイントが第3章で書かれている
 「情報は発信しなければ、得るものはない」でした。
本当にこの津田氏一文はミドル世代の方々にこそ読んでもらいたいです。
ミドル世代が情報をソーシャルでアウトプットし始め
若い世代との情報交流が進み、素敵なソーシャルキャピタルが作れれば
閉塞感のある日本ももう少し元気になるような気がします。
自分のバリューをオープンにすることが苦手な40代のミドル世代の知恵や経験が
もっと「見える化」すれば、若い世代のバリューになると思います。

また、第4章で書かれている「人はすべて他人にとってのソーシャルキャピタルである」
という指摘、ソーシャルメディアでGiveすることが重要だという
津田氏の整理、考察、そして彼の行動が、
私のこのブログを継続していくぞ!という気持ちをより強くしてくれました。
そして、素敵なソーシャルキャピタルによって
未来をよりよくデザインできたらと思います。
最後に第3章の「情報は発信しなければ、得るものはない」

第4章の「ソーシャルキャピタルの時代がやってくる」は何度か読み返しましたが
本当に元気をもらえました。
今後も、アクションの障壁が現れた元気が出ない時には
この情報の呼吸法 (アイデアインク) を再読してみようと思います!

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました




スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る