テンセントQQがKDDIと提携!中国10億人が使うというサービスが 登場。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中国ソーシャルメディアのSina Weibo(新浪微博)に関しては
私のブログでも何度か書いていますが
最近、日本企業や自治体の利用が増えてきています。
中国人のインバウンドマーケティングにSina Weibo(新浪微博)が最適という話が
私の周りでもよく聞かれるようになりました。
中国は最近では、実は隠れたソーシャルメディア大国で
日本のサービスよりもよほど充実しているかもしれません。

中国ではチャットもスカイプも進んでいて、相当利用されています。
QQというサービスは現地でなんと10億人のユーザーに使われているということです。
実際、アクティブユーザーも5億人いると言われていて
日常のコミュニケーションツールになっていて
名刺にQQの番号を入れるのが当たり前で、 ビジネスにまで使われているそうです。
QQを経営しているのが、騰訊控股(Tencent Holdings/テンセント)
香港マーケットにも上場している中国の有名企業の一社です。
そのQQが日本企業のKDDIとの提携を発表しました

KDDI と中国大手 SNS 事業者の騰訊控股(Tencent Holdings/テンセント)
一昨日の2月14日、au スマホ向け無料チャットアプリ
「モバイル QQ for au」の提供を開始しました。
au Market で無償ダウンロードできるとのことです。

モバイル QQ for au の利用者は QQ 番号、ニックネーム
メールアドレスで友人を検索・追加し、チャットがすぐにできるそうです。
つぶやきや写真アップロードといったのテンセントのウェイボー機能、
日本人向けの中国情報サイトのリンク集なども用意されています。
中国人とのコミュニケーションツールQQKDDIのような大企業が
使える環境にしたことは意味があると思います。
中国人とのビジネスにソーシャルメディアをというムードが
日本でも今回の提携で、より加速するかもしれません。

Follow Me on Pinterest
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る