「プライドが傷つくことを怖がったら、新しい人との出会いは意味がない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今月号のYANASE LIFEという会員誌に
JAZZ部門のiTunesのヒットチャートを席巻している
由紀さおりさんのインタビューが掲載されていました。
とても素敵なインンタビユーで、いろいろとインスパイアを受けました。

特に「プライドが傷つくことを怖がったら、新しい人との出会いは意味がない」
と言う由紀さおりさんの言葉にとても惹かれました。
ピンク・マルティーニのジャズオーケストラのリーダートーマス・ローダーデールとの
出会い、レコーディングに関しての感想なのですが
由紀さんほどのベテランでも長年守ってこられた自分のスタイルを
壊すことには恐れがあったそうです。
しかし、トーマスとの新しいとの出会いで
由紀さんは変化しないと意味がないと感じ、今までのカラーを断捨離したのです。
これは本当に素晴らしいですね!
そして、その結果が、 iTunesのJAZZヒットチャートでのナンバー1なのです。

ソーシャルおじさんより一回り以上も上の世代で、かつ大成功されている
この由紀さおりさんの発言・アクションには元気を頂けました。

私も若い世代の方々とのコミュニケーションが
ソーシャルメディアのおかげでどんどん増えています。
広告業界で長年働いていた自負が邪魔して
若者達との会話で素直になれない時もあります。
しかし、この由紀さおりさんのインタビューを読んで猛省しました。
新しい人との出会いで、カッコつけていてもしょうがないないと。

世の中をハッピーにするためのソーシャルおじさん活動ですから
若い人のアイディアやアクションを自分ごと化して、
皆さんの良いところを吸収して、どんどん変化していきたいと思います。
ソーシャルおじさんのプライドなんて小さすぎて
はっきり言ってどうでも良いことですものね。
力まず、焦らず、皆さんの意見をどんどん消化して行こうと思いました。
引き続きよろしくお願い致します。
 Follow Me on Pinterest      
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る