刺激を受けた一日、オースティンのSXSWに行きたくなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日、4月13日は夕方から2つのイベントをハシゴしました。
イベントの主催者二人は偶然にも、今年のオースティンでのビッグイベントSXSW
関わる方々で、様々な刺激を受けました。

最初にお邪魔したのが、okappaこと本田正浩さん飯山満展覧会です
本田さんはTechwaveの副編集長として、今年のSXSWを精力的に取材していました。
その本田さんはカメラマンとしてもアクティブに活動なさっています。
因みに飯山満は本田さんのアーティストネームだそうです。

本田さんは自動販売機の写真で有名ですが、今回のテーマは桜。
学生時代から写真を撮り続けてきた本田さんの写真に対する情熱を感じることが出来る
素晴らしい桜の写真の数々。
日本人であることに誇りを持てる作品で、とても元気を頂きました。
2月にはフィリピン、シンガポール取材、そして先月はオースティンのSXSW
海外取材が続く中で、この作品展の準備をしていた本田さん。
忙しいにも関わらず 自分のやりたいことをどんどんやって
夢をどんどん叶える彼を見習いたいなと思いました。

日本画のような本田さんの桜の写真、本当に美しかったです。

そして、二つ目のイベント、今年のSXSWで精力的に動かれた熊坂ひとみさん
SXSW報告パーティにも相当刺激を受けました。
前日、焼き肉をご一緒したご縁で、このパーティーにも参加させていただきましたが
アクティブに世界進出する熊坂さんや世界カメラの頓智・井口尊仁さんの
SXSW報告レポートを聞いて、来年は絶対にSXSWに参加するぞと決めました。

熊坂さんのスライドショーによるオースチンレポート最高でした。
詳細は、熊坂さんのダイヤモンドオンラインのイベントレポートをご参照ください。

井口さんのSXSWへの、熱い思い、パッションは凄かったです。
日本人1000人をSXSWに行かせ日本を変えられると語る井口さん!
1つにはオースティンのSXSWには世界のカルチャーやITの最先端が集積していて
それに日本人が触れることで、多くの人に刺激を受けることができるということです。

そして、今日のようなイベントが日本各地で行われることで
その輪が広がり、日本のIT産業が世界を目指し、ひいては日本が活性化できるという
井口さんのアイディア、アクションには共感を覚えました。
井口さんのプレゼンで、私もオースティン行きを真剣に考え始めました。

この熊坂さんの写真にもびっくりですね!
なんと、熊坂さんはSXSWメイン会場のステージで
疑似プレゼンテーションしていたんです。 
「夢は宣言して、アクションすれば必ず叶う!」
熊坂さんのスピーディーで精力的な活動を見ていると
来年は本当に熊坂さんがSXSWの中心人物になっていそうです。

私もどんどん、ソーシャル&リアルを通じて
さまざまな夢を叶えていきたいと思います!

 Follow Me on Pinterest 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
オルタナティブ・ブログ書き始めました!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る