ソーシャルおじさん風「やる気を起こす5つの方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おはようございます。
ゴールデンウィークが終わって、疲れがたまっている方も多いのでは!!
私も、だらけたカラダにむち打って、本日は出社致しました。
今朝の電車では、疲れたお父さんの居眠りが目立ちました。
連休疲れと、新聞の休刊日が影響しているのかもしれません。

さてさて、こういった休み明けに
やる気を起こすためにはどうしたらよいでしょうか?
以下、ソーシャルおじさんの5つの方法をご紹介します。
1、まずは早起き、絶対に二度寝をしない。
早起きすることで、連休明けはスタートダッシュできます。
休み前は絶対に遅くまで起きないようにして、早起きを心がけましょう。
(早く寝たら、早く起きられます。)
二度寝は絶対に厳禁です。二度寝をしたら、起きられません!
起きたら、カーテンを開けて朝日を見るのも効果があります。
太陽は元気の源ですから!!

2、Twitter FB G+で朝の挨拶 
やる気のある仲間からパワーをもらいます。
二度寝しないように、iPhoneを使ってソーシャルメディアで
友人、知人への「おはようございます!」の挨拶からスタートします。
何人かの友人に挨拶しているうちに、目が覚めてきますし
文字をタイプすることで脳が活性化してきます。
早起きの友人の朝日の写真や元気なコメントでやる気がカラダからあふれ出てきます。
パワーがみなぎってきたら、一気に布団から抜け出しましょう!

3、朝の黒糖入りのカフェオレで完全に目覚める。
私は毎朝、これで目を完全に覚まします。
黒糖はブドウ糖と果糖の二種類でできているため
コーヒーに混ぜて飲むと、数分で吸収、消化され
疲れたカラダを回復させるのに最適です。
脳のエネルギー源もブドウ糖ですから
集中力がアップし、朝からパワー全開になります。
黒糖パワーは侮れません。

4、おいしい朝ご飯をたっぷり食べる。
当たり前ですが、朝の食事は大切です。
たっぷりのおかずにご飯、フルーツ、ヨーグルトでエネルギー補給をして
カラダを活動モードに切り替えていきます。

5、朝の40分の散歩。
そして、通勤前に40分の散歩で完全やる気モードになれます。
歩をすると、体中の血のめぐりがよくなり、体が温かくなります。
歩いているうちに脳のテンションも上がり、やる気がめらめらと沸いてきます。
嫌なことも、散歩中に原因を整理して、散歩中に頭の中で整理していると
たいしたことではなくなってくるから不思議です。
やる気が起きないのは、もしかしたら嫌なことが原因かもしれません。
嫌なことを、朝の散歩で撃退できれば、自然とやる気も出てきます。
また、筋力がついて、免疫力もアップして、健康促進につながりますので
散歩には脳とカラダを活性化させる、正に一石二鳥の効果があります。
また、日々の散歩で自然観察をしているといろいろ元気がもらえます。
きれいな花々やグリーン、鳥の囀りなど、自然からもやる気をもらえますので
朝の散歩は本当におすすめです。

以上5つの方法をご紹介しましたが、基本は朝の早起きです。
連休最終日や日曜日はとにかく早寝してしまうことが
モチベーションアップの秘訣です。
夜更かしがやる気の敵だと思い、早寝を徹底すると良いと思います。

他にも元気が出る本を読むというのもありますね!
お薦めは「7つの習慣」 です。
Follow Me on Pinterest    

オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る