Facebook Exchange発表 果たしてその効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

BloombergなどがFacebookの新しい広告メニューのニュースを配信しています。

Facebookは、特定のFB利用者をターゲットにした広告枠を
クライアントがもっと簡単に買えるようにすることで
より多くのビッククライアントを獲得する計画です。
FBの広告枠をリアルタイムで入札・購入可能な独自のプラットフォーム
「Facebook Exchange」を、今後数週間のうちに公開すると発表しました。

このブログでも何度か書いているように
IPOの以後、Facebookのモバイル関連事業の業績予想が下方修正されたことや
Facebook広告の効果が薄いためGMが広告打ち切りを決めたことなどから
Facebookの株価は低迷を続けています。
その業績への不信感をぬぐい去るためにも、広告収入の確保
大口のクライアントの獲得がFBにとって
喫緊の課題であることは間違いありません。

その答えの一つが、今回の「Facebook Exchange」です。
企業のウェブサイトを閲覧したことのあるFB利用者のFacebookサイトに
その企業の広告を簡単に出稿できるようにします。

ユーザーが広告枠のページを開くたびに
そのユーザーのウェブ履歴などから入札が行われるため
より効果的な広告配信が可能となりそうです。
例えば、メルセデスが「ベンツに興味を持つユーザー」をターゲットにした場合
他のサイトで「ベンツ」の情報を閲覧したFBユーザーに
ベンツの広告を表示させることができるそうです。
大口のクライアントはこのプラットフォームを歓迎するかもしれませんね、
ターゲットを絞り込めるのは、広告コストの削減に繋がるからです。

課題は「Facebook Exchange」がモバイル端末には対応しないことです。
アクセスの半分がモバイルからと言われるFBにとって
クライアントを納得させるためには、モバイルの広告サービスを
より充実する必要がありそうです。
このあたりが解決出来れば、FBの株価も反転してくるかもしれません。
Follow Me on Pinterest      
キーマンズネットで連載開始しました。 
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
この書籍がお薦めです!  

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る