東京が世界で一番暮らしづらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブルームバーグのニュースを読んでいたら
ちょっと気になるニュースを発見したので、今日はこちらをご紹介。

世界で生活費が最も高い都市は東京だそうです。
これはMERCERの年次調査
Mercer 2012 Cost of Living Ranking でわかったものです。
世界の214都市での外国人(駐在員)の生活コストを比較したもので
東京がナンバー1!3位には大阪、6位シンガポール、
9位香港、10位名古屋と
アジアの都市、とりわけ日本の都市の暮らしにくさが印象的です。
欧州ではモスクワが最も高コストの都市でした。

MERCERは12日公表した調査リポートで

「経済、政治の混乱を含めた最近の世界の出来事が、
為替相場の変動とインフレ、住居費の乱高下を通じて、
多くの地域の順位に影響を与えた」と説明しました。

“Recent world events, including economic and political upheavals, 
have affected the rankings for many regions 
through currency fluctuations, inflation, 
and volatility in accommodation prices,

” Mercer said today in its annual Worldwide Cost of Living Survey.

MERCERはニューヨークを基準として交通費、衣料費、食費、日用品価格、
娯楽費、住居関連費など200余りの項目を比較したそうです。
住居関連費はしばしば、外国人(駐在員)にとっては
最大の経費になり、影響がとても大きいです。

In Tokyo, a cup of coffee including service averages $8.15 

and the monthly rent on a luxury two-bedroom
 unfurnished apartment runs $4,766, 
according to the consulting company.
 MERCERによると、東京ではコーヒーが一杯が8.15ドル(約650円)。
2つのベッドルーム・家具なしのマンションの賃貸料が月4766ドルと
このレポートに書かれていてびっくり。
比較対象の住宅が都心で2ベッドルームとなれば希少ですから高いのも頷けます。
また、コーヒー代もどこから算出してきたものなのでしょう。
スターバックスで比較するなど調査対象を精査すれば、デフレ日本が
他の成長著しいアジアのインフレ国と比べて暮らしづらいとは思えないです。
しかし、レポートは多くのメディアで配信されていますので
東京のイメージは外国人経営者にとって、投資先としては
割高に見えるのではないでしょうか?

円高、ユーロ安というのもランキングに影響しているかもしれません。
ユーリ安でスイス・フランは独歩高となり、
ジュネーブが世界5位、チューリヒが6位、首都ベルンは14位と
スイスが日本同様の結果をみると、通過がこのランクに多大な影響を及ぼしています。
そのため、通貨がドルに対して下落している欧州都市の多くは
ランキングが低下しています。
オスロは18位(前回15位)、ロンドンは25位(同18位)
パリは37位(同27位)に後退しています。
ロンドンなどの交通機関やホテルの値段を考えると
なんかこの調査を為替に影響されず、もうすこし平準化する方法を
考える必要もありそうです。

いずれにせよ、東京の住環境、オフィス環境はおそまつかつ高いという
この20年来の課題が解決されない限り、スルージャパンは続きそうです。
少なくともMERCERのレポートを読んだ外国人経営者には
東京は暮らしづらく、コスト高に見え
シンガポールや香港をアジアの拠点として選ぶような気がします。
英語、金融など経営全体のコストやメリットまで考えれば
シンガポールや香港を選択するのが合理的なのかもしれませんね。
 Follow Me on Pinterest      

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
この書籍がお薦めです!  

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る