中国ソーシャルメディア最新事情 「Frand」と言うワードが印象的でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日6月4日はメディコミ会というイベントで
中国ソーシャルメディアのお話をさせていただきました。
シナウェイボーの専門家の高橋学さん、ジャーナリストのRosa Yumさん
司会はおなじみの鶴野 充茂さんとともに中国ソーシャルメディア事情をお話ししました。
北京からスカイプでゲスト出演もあり、内容は盛りだくさんでした。

イベント詳細はこちらのUstのアーカイブをご覧ください。
 
Video streaming by Ustream
Video streaming by Ustreamインターネット人口がなんと5億5千万人。
ミニブログと言われるシナウェイボーのユーザーも3億2千万人と言われています。
昨年は2億人でしたので、わずか一年で1億2人ユーザーを増やしたことになります。
今や中国 インド Facebook シナウェイボーと言っても過言ではないユーザ数です。 アクティブユーザーも8割と、中国の20代、30代の中心メディアになってきて
新聞や雑誌もシナウェイボーとの連携を深めています。
また、FBページのような企業アカウントは現在13万ありますが
新浪の曹CEOは「今年100万を目指す」と宣言しています。
中国の購買力を評価した世界のエクセレントカンパニーが
続々とシナウェイボーにアカウントを開き始めています。

昨日のイベントで最も印象に残ったのが
北京からの参加者のジャーナリストののAllen YANGさん(写真)の
Friend+Brand=Frandというコメントです。
友人のような企業ブランド「Frand」という造語を見て

企業の情報を友人の会話の中でどう自然にコミュニケーションできるかが
重要だと改めて認識しました。
ソーシャルメディアでは中国も、アメリカも、日本も基本は一緒ですね。
知人、友人のソーシャルグラフでは、企業の一方的なメッセージは厳禁です。

Follow Me on Pinterest      
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
この書籍がお薦めです!  

   

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る