やはり見てしまう!?YouTubeの関連動画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

家の娘たちはTVを見るより、Macの前で
YouTubeを見ていることが多いです。
大好きなアーティストの動画を検索して、
関連動画でYouTubeサーフィンするのが休日の楽しみのようです。

この動画でのネットサーフィンがとても多いと言う
ユーザーの調査結果が明らかになりました。

インターネットコムと goo リサーチでは、
「動画利用」に関する調査を行い、YouTubeの利用実態を明らかにしました。

調査対象は以下の通り。
全国10代~60代以上のインターネット ユーザー1,092人。
男女比は男性53.0%、女性47.0%。
年代比は10代16.5%、20代18.2%、30代21.5%、40代16.2%
50代15.7%、60代以上11.9%
調査期間
2012年6月26日~6月28日

■Youtubeの閲覧頻度
「3日に1回程度」という人が最も多く27.8%(290人)
「1週間に1回程度」が26.7%(279人)
「毎日」が20.0%(209人)
閲覧頻度が思った以上に高いのですね。
この数字をコミュニケーションやマーケティング担当は
押させていた方が良さそうです。

■閲覧動画内訳(上グラフ参照 複数回答)
「音楽・アイドル系」704人
「映画・アニメ系」386人、
「コメディ・お笑い系」291人
「テレビ局などの公式動画」287人
コンテンツ系がやはり強いですね。
商品レビュー動画も84人と結構見られています。
この数字はヒントになりそうです。


■関連動画の再生頻度
「よく再生する」 40.0%(418人)
「たまに再生する」39.3%(411人)
8割近いユーザーが関連動画を活用していることがわかりました。

今回調査結果から、YouTubeの利用実態が明らかになり
このメディアがコミュニケーションデザインに
欠かせなくなっていることがわかります。
商品動画の再生を増加させるヒントはタレントの使い方や
話題になりそうな関連動画の作成がポイントになってきそうです。
ソーシャルでの拡散も考えれば面白い施策が作れそうですね。

Follow Me on Pinterest      
キーマンズネットの新連載です。
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから  
この書籍がお薦めです!

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る