モバイルでのエンゲージメントから収益を生み出せるのか?Facebookの挑戦が面白い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Facebook third-quarter revenue rises 32 percent to $1.26 billion
と言う記事がThe Economic timesに掲載されています。
Facebookの第3クオーターの決算結果が各メディアを賑わせています。

今回のニュースで注目なのはマンスリーでのモバイルでのアクティブユーザーで
上のインフォグラフィックでもわかるように、モバイルユーザーが増加しています。
アクティブユーザー(10億1000万人)のうちのモバイル利用者は
今年9月末で6億400万人となり前年同期比で61%増加しています。

IPO後、株価を半額にさせたFacebook。
モバイル部門での広告での収益化がポイントになってきますが
3rdクオーターの広告売上の14%はモバイル関連からだと発表されています。

1株あたり利益は12セントで、事前のアナリストの予想を1セント上回っています。
売り上げは、前年同期比で32%上昇して12億6000万ドルとなり
こちらもアナリスト予想をわずかに上回ったとのことです。

“People who use our mobile products are more engaged, 
and we believe we can increase engagement even further as we continue to introduce new products and improve our platform,” 
said CEO Mark Zuckerberg in a statement. 
“At the same time, we are deeply integrating monetization into our product teams in order to build a stronger, more valuable company.”

 Mark Zuckerbergは声明の中でエンゲージメントの重要性を強調しています。
「ユーザーが毎月モバイルを使って、Facebookで情報を
共有したりつながったりしてエンゲージメントを深めています。
われわれは新製品 を投入しプラットフォームを改善し続けることで
よりエンゲージメントを深められると信じています。
同時にわれわれは、より力強く価値の高い企業にするために
収益化をプロダクトチームに深く要求しています。」

今までの Mark Zuckerbergより株価を意識した発言になっています。
6億人のモバイルユーザーが醸し出すリアルタイムのエンゲージメント!
この収益化こそがFBに求められていることなのですね。
プロダクトチームが作り出す新製品に期待したいと思います。

キーマンズネットのアプリ記事連載です。(10月22日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る