中国ソーシャルメディアで尖閣以降の中国国民の感情をリスニングする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日11月8日はソーシャルおじさんズTVをUSTREAM配信させていただきました。
ゲストは中国ソーシャルメディアの専門家、アジアクリック代表の高橋学さん
高橋さんはソーシャルおじさん18号でもあり、私のコンサル仲間です。
天津近郊に5年間住んで、中国語をマスターし、彼らの文化を理解し
シナウェイボーで積極的に情報発信している高橋さんのお話はとても興味深く
日中関係でもめている今だからこそとても役に立ちました。
Video streaming by Ustream昨日の番組のテーマは「ソーシャルメディアで探る、中国リスク対策と中国ビジネス」。
番組の中でも紹介しましたが、尖閣の暴動事件の後でも店舗被害にあったイオンは
中国での積極展開をやめようとしません。
UNIQLOの柳井代表もリスクを覚悟して進出していると語っています。
彼らはなぜ進出をあきらめないのでしょうか?
日本のメディアは一部暴徒の姿をこれでもかと報道しました。
一方の中国メディアなど逆にデモはなかったような報道で
どちらのメディアも両国民に真実を伝えていませんでした。

その中でイオンやUNIQLOはいち早く進出再開を決定したのでしょうか?
これは推測ですが、中国のソーシャルメディアのシナウェイボーなどを使って
中国の消費者が何を考えていたか分析した結果
日本という国家に対しての嫌悪感はあっても
日本の商品やサービスへの絶大な支持は変わらないと
経営者達は読んだからではないでしょうか?

実際、高橋さんが尖閣事件以降の中国消費者のユーザーの書き込み分をしたところ
相変わらず評価は高く、ネガティブなコメントは殆ど見つからなかったそうです。

大好きな日本製品がなければ、生きていけないと言う屈折したコメントなど
思わず笑ってしまう書き込みも結構あったそうです。

中国とビジネスしている企業に、今、必要なことは
中国ソーシャルメディアを使って、ソーシャルリスニングを実践することかもしれません。
ご興味ある方はアジアクリック代表の高橋学さんと私でお手伝いさせていただきますので
Facebookなどのソーシャルメディアなどでご連絡ください。

キーマンズネットのアプリ記事連載です。(11月5日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る