小説の映画化はどうなんでしょうか?期待しないで楽しみます。映画のぼうの城

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

iPad miniが届いたので、何冊かの書籍をダウンロードして
週末は読書をエンジョイしました。
話題映画の原作のぼうの城もKindleで再読したのですが
和田竜のクールな文体の原作はやはり面白いですね!

埼玉県行田のこの小説の舞台となった忍城があるのですが
「忍の浮き城」として有名になったこの城も今はなく
城趾が公園になっている田園地域になっています。
小説が発表される前から忍城の話は知ってはいたのですが
のぼうの城を読まなければ、成田長親の活躍も知らなかったはずです。
この小説のおかげで、魅力的な男を知ることができハッピーです。

今回、Kindleストアでのぼうの城がリリースされたので
再読し始めたのですが、この小説はやはり面白いですね。
登場人物に個性があり、欠点だらけの男たちが活躍していく和田竜の描写は
味があり、読み始めると止まらなくなります。
特にiPad miniやiPhoneなどどのデバイスでも、読んだところから
すぐに読み始められるのはとても便利ですね。

そののぼうの城が映画化されて、週末から上映されています。

主人公の成田長親(でくのぼうを揶揄した「のぼう様」)には
野村萬斎が主演していて話題になっています。
予告編を見たのですがちょっとお笑いも入っているようですね。
有名な水攻めのストーリーがどう描かれているのかが楽しみですが
良い小説の映画にはあまり期待してはいけないの鉄則があります。
映画は別物と考え、気楽に軽い感じで見に行きたいと思います。

キーマンズネットのアプリ記事連載です。(10月29日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る