今回の総選挙で学んだこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ワクワク感のなかった今回の総選挙!投票率も59%前後と低く
結果も予測通り民主の歴史的惨敗。野田代表も辞任の意向を示しています。
弱小政党の票の食い合いで得票率以上の議員を獲得した自民の圧勝でした。

日本経済新聞の記事がこの3年間の民主離党者の動向を伝えていました。
なんと小沢一郎氏以外が小選挙区で全敗。1勝70敗という大負けを記録しています。
有権者も彼らの軽い行動を見透かし、審判を下したと言うことでしょうか?
公約を守らず、公約していなかった消費税のみを採択した民主党。
政権をコントロールするパワーもなく瞑想し続けました。
その民主党に関与した議員は離党組、大臣経験者の多くが敗戦といういうのは
致し方ないことなのでしょう。

今回、メディアは民主党のだらしなさを徹底的に批判していましたが
数ヶ月前の消費税採択時期には徹底的に野田首相を決められる政治家だと
よいしょして、公約違反のアシストに励んでいました。
この事実だけは、私は忘れたくありません。
手のひらを返したような報道に、メディアへの信頼性がまたも崩れてしまった月曜日。
選挙後も政策報道は少なく、政局報道が目立ったように感じています。
ソーシャルメディアを通じて、議員の発言やアクションをしっかり監視し
メディアに流されないようにしていきたいと考えています。
次回の参議院選挙ではネット選挙の解禁を目指している政治家を
ソーシャリアルで支援していき、前近代的な選挙システムを葬りたいと思っています。

選挙結果を見て思ったことは、私たちの子供世代や孫世代の日本が
どうなっていくかと言うことです。
しっかり選挙に行き、自分の考えで投票するようにしないと
大変なことがことが起こりそうな気がし始めました。

「ソーシャルおじさんズ」の新刊乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中!

ソフトバンク新書から発売されました。
おじさん世代のソーシャルメディア活用法をご紹介していますので
ぜひ、ご支援宜しく御願い致します。

キーマンズネットのアプリ記事連載です。(12月17日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る