小川晋平さんに学ぶソーシャリアルのマキコミの技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
物理学者の長岡半太郎「何をする」に拘って生き抜いた偉人です。
彼は現代にも通じる以下の名言を我々に残しています。

「何々になろう」とする者は多いが、「何々をしよう」とする者は少ない。

ソーシャルメディア時代はこの「何をする」を決めることが本当に大事です。
何を決め、それを宣言して、周りの友人知人を巻き込んでいくことで
自分自身の行動が加速されるのです。
決めてアクションをするだけではなく、宣言して、周りを巻き込んでいくことが必須です。
この宣言が友人、知人に共感されれば
スピーディーにビジネスやプロジェクトを動かしていけるのです。

私の若い友人に小川晋平さんと言う方がいます。
彼は会社経営の傍ら、エビカツという朝活を主宰しているアクティブな青年です。
昨年末に乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中!をリリースした際に
エビカツに参加して以来、ソーシャリアルでの交流がスタートしました。

年明け早々、彼は人々のソーシャリアルでの交流を活性化するための
朝活についての書籍を出したいと私に相談してきました
何度かミーティグをしているうちに、アドバイス通りブログを始めたり
出版に向けたイベントやセミナーのを次々に実施しています。

スピーディーにアクションを起こし
ソーシャリアルで人々をポジティブに巻き込んでいるのです。
この勢いで人を巻き込んでいけば、近々書籍の出版と言う夢も叶いそうですね。
(一部夢が叶い始めていますが、詳細はまた別途書きますね。)

人類を取り巻く環境で起こる誰も経験したことのない変化ではないかと思います。
つまり歴史上初めて、こうした人たちは、自分自身を経営する必要に迫られるのです。
 
ピーター・ドラッカーは自分自身を経営をすることの重要性をこう語っています。
やりたいことを明確にし、自分自身をしっかり経営していくことがポイントですね。
そして、それをソーシャリアルで宣言して、人を巻き込める人が
ワクワクでハッピーな人生を送れそうな気がします。
小川晋平さんも自分自身をしっかり経営している人ですね。

Photo Credit http://www.flickr.com/photos/bourne-bedweey/1299905340/ 
キーマンズネットのFB記事連載です。(3月18日更新)
オルタナティブ・ブログ
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る