1時間の差ですべてが捗る 朝活のススメ

ブログ

「ソーシャルおじさんと朝活」という読書会を
積極的にスタートしてから2年の時間が経過しました。
このコミュニティ・勉強会のお陰で、さまざまな出会いをデザインできたり
ビジネスのヒントをいただけるようになりました。
最近ではソーシャルおじさんズと並ぶ私の大事なコミュニティになっています。

コミュニティを主宰すると面白いようにいい事に出会えるようになります!
コミュニティを立ち上げるのはつらい事もあるのですが
スタート、継続していれば奇跡のようなことが起こり始めるのです。
会が面白いと感じてもらえれば、会いたい方にも会えるようになります。
私の場合も読書会だったので、ビジネス本の著者の方々を
お招きできるようになったのです。

忙しい著者の方でも新刊のプロモーションも兼ねれば
朝なら時間を作って、参加してくださる可能性が高まります。
著者の方々との人脈が広がるだけでなく
著者であるコンサルタントや翻訳者の方の考えを
二時間近く直接聴けるのはとても勉強になります。  
先日も朝の名言インストール 今日のやる気をチャージするを出版した
コボリジュンコさんをお招きしました。
来月は新刊100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わるが発売された
コンサルタントの高橋政史さんの予定です。

何よりアクティブな方との交流で自分を変えるモチベーションが持てます。
著者の方の書籍に書かれているよい習慣をダイレクトに学べ
自分ごと化させるチャンスを持てるのです。
もちろん参加いただく朝活のメンバーの方にも喜んでいただけ
著者の方、メンバー、主宰の私も含め幸せになれるのです。
これって近江商人の三方よしの考え方ですよね。

そして、会に集まってくる仲間たちが多くの幸せ運んできてくれるのです!
当然、読書会ですから、読んでいない面白い書籍に出会えるのですが
それ以外にもメンバーの方が同じような志の方を連れてきてくれて
新たな出会いが日々演出され、面白いプロジェクトが動き出すのです。

また、会を主宰していると他の朝活の主宰者とのコラボも可能になります。
エビカツ小川晋平さんとは、昨年末から朝活の普及の相談をし始めました。
一緒にセミナーの企画や、書籍化の話を会う度に重ねてきたのですが
遂に、その結果が一冊の電子書籍になったのです!!

他にもソーシャルおじさんズ10号の高木芳紀さん
17号の鈴木拓さんと34号の河部裕一さん
ソーシャルAnegoes1号の斎藤洋子さん
朝活の書籍を出されている福島宏明さんなどにもご執筆いただいています。
また、富山の朝活ブームの仕掛人永吉隼人さんにも
ソーシャルご縁でご参加いただきました。
タイトルは1時間の差ですべてが捗る 朝活のススメです。

早起きのメリットやコミュニティの作り方など朝活の効果が
メンバーそれぞれの視点で書かれていたり
東京近郊のいろいろな朝活が紹介されているなど朝活の入門書として最適です。

5月24日リリース予定の1時間の差ですべてが捗る 朝活のススメ
ぜひご支援宜しくお願いします。


Photo Credit http://www.flickr.com/photos/ngaymua/3123936577/lightbox/

Loading Facebook Comments ...

コメント