インドネシアは実はFacebook大国というお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近、SOCIAL OJISANS BOOKS(電子書籍)の企画で
アジアのソーシャルメディアについて調べています。
ソーシャルおじさん18号の高橋学(アジアクリック代表)さんが
アジアのソーシャルメディアに精通していて
彼との共著でアジアのソーシャルメディア事情についての企画を進行しています。

特に最近の私の興味は、東南アジアのFacebook大国のインドネシアです。
東南アジアというと、すぐにシンガポールが頭に浮かんできますが
シンガポールは東南アジアへのショーケースや進出拠点と割り切って
実際のビジネスでは人口の多いマレーシア、インドネシア、タイを
まずは考えるべきだと高橋学さんは言います。

実際インドネシアのネチズンのパワーはすごいモノがあり
ソーシャルメディアの普及データを見ていても
日本よりもはるかにアクティブであることがわかります。

インドネシアの人口2.7億人で、ネット普及率は
人口比16.1%というレベルにも関わらず
Facebook人口も世界4位の4350万人超という数字です。
Twitterユーザーも世界4位、さらに携帯およびスマートフォンの普及も爆発しています。
GDPの成長率も目を見張り、人口の増加も2050年くらいまでは
伸び続けると言われている成長国家なのです。
高橋学さんとは定期的に東南アジアのソーシャルメディア事情について
話を伺おうと思っていますので、このブログでも
事例など最新情報を紹介をしていきたいと思います。
■セミナー告知です!

東京のセミナーは次回は6月13日でGoogle+とブログについてのお話です。
参加申し込みはこちらからお願いします。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから

キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)
オルタナティブ・ブログ
ソーシャルおじさんのFacebook
占いアプリ「激的中!天使占い」をプロデュースしました!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る