柴村直弥選手のコンテンツ発信は素晴らしい。山田トモミさんとのコラボセミナーのお知らせ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日の日経新聞スポーツ欄を読んでいて元気になりました。
現在、ウズベキスタンのブハラで活躍している柴村直弥さん
すてきな話が掲載されていました。

サッカーJ2で活躍していたDF柴村直弥さんは
有名な選手ではなかったのですが
ヨーロッパで活躍したいという夢を実現するために
自分の出場シーンを自ら動画で編集して、パーソナルブランディングを試みました。
欧州の代理人の勧めで、その映像をYouTubeにアップした結果
ラトビアのベンツピルスとの契約に至り
ラトビアリーグで日本人初の2冠を達成しました。
そして、現在ではウズベキスタンのブハラに所属しています。

自分の夢の実現のために、動画編集をして情報発信する姿勢は見習いたいです。
特に、スポーツ選手やミュージシャンはYouTubeで動画をアップすれば
言葉の壁も簡単に超えられ、チャンスは世界に広がります。
私もUstreamの番組配信から今の自分を手に入れたので
柴村直弥選手のこの試みには本当に共感します。

最近、私はiPhoneでの写真撮影とInstagaramでの情報発信を心がけています。
特にRepixというフォトエディタアプリがお気に入りです。
指先一つで写真がおしゃれに加工でき、Instagaramとの連携もスムーズです。

このRepixとInstagaramで東京の景色を切り取るようになってから
海外のいろいろな方とコミュニケーションができるようになり
改めて画像での情報発信が楽しくなりました!
そして、今回写真などのコンテンツ発信についてのセミナーを企画しました。

8月8日に以前から仲良くしているAnegoes15号の山田トモミさん
写真とソーシャルメディアのコラボセミナーを開催します。
私がコーディネートしているアプリそうけんのライターさんを探しているときに
ご紹介でお会いしたのですが、お話ししている内に意気投合しました。
そして、会う度にiPhone撮影のテクニックを教えてもらってきました。

今回のセミナーでは二人の得意分野のソーシャルメディアとiPhoneを掛け合わせ
楽しいソーシャルメディアでの情報発信について
みなさんとご一緒に考えてみたいと思います。

私からはソーシャルメディアでのコンテンツ発信の重要性について
山田トモミさんからはiPhoneアプリでの撮影テクニックなどを話していただく予定です。
8月8日写真とソーシャルメディアのコラボセミナーの詳細はこちらから

36歳からはじめるソーシャルメディアという電子書籍ですが 
15号の新井浩之さん28号のサトカズ(佐藤和則)さんと私の3人の
ソーシャルおじさんズのコミュニケーション・ノウハウや体験談を徹底公開しました。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

ソーシャルおじさんのFBページはこちらから



 
Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る