レ・ミゼラブルとアイリーン・キャディの言葉から新しいことにチャレンジしたくなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

三連休ということでちょっと時間を作って
家族と一緒にレ・ミゼラブルのDVDを見ました。

映画館で見ればよかったと思うほど映像は美しく、かつ迫力がありました。
遠近感、高低を意識したカメラワークが、特に素晴らしく
私の中に眠っていたクリエイティブマインドが刺激されました。
やはり話題になった映画は忙しくても見るようにしないと駄目ですね。
結局は忙しいという言い訳が、自分の成長を阻害すると自分の怠慢をのろいました。

また、ヒュー・ジャックマンとラッセル・クロウの重く厳しい対峙を見ることで
人生について改めて考える時間を作れました。
登場人物が抱える孤独、喪失感が特に印象的で
幸せにとは何かについて考える契機になりました。

ミュージカル映画としても最高の部類に入るトム・フーパー監督の傑作で
出演者の演技と歌声にも魅了されました。
アン・ハサウェイやヒュー・ジャックマンのボイスには圧倒され
レ・ミゼラブルのサントラ版も欲しくなりました。
予告で紹介されていたレ・ミゼラブル 25周年記念コンサートも見たくなりました。
 
さて、レ・ミゼラブルを見た後でアイリーン・キャディの言葉を思い出しました。
友人のコボリジュンコさんの夜の名言インストールで紹介されていた言葉なのですが
ジャンバルジャンの切ない人生を見たあとでなぜかこの言葉が思い浮かんだのです。

あなたが行きづまったと感じ、 もうその先へ一歩も進めないと思った時、 
そしてまた人生のすべての目的を見失ったと感じた時、 
それは実にすばらしいチャンスです。 
それはすべてをもう一度やりなおし、 
人生の新しいページをめくる、素晴らしいチャンスなのです。

レ・ミゼラブルやアイリーン・キャディの言葉を読むことで
人生の新しいページについて考えてみたくなりました。
50を過ぎたタイミングでチャレンジをいくつかしてきたのですが
少し時間ができそうなので、次の一歩を踏み出そうと思いました。
やはりクリエイティブマインドを時々刺激しないと
進歩がないなと反省した次第です。

■新刊のソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣の予約
Amazonで始まりました。(9月26日発売予定)
ぜひ、応援をよろしくお願いします!

■コラボセミナーのお知らせ今回、ソーシャルメディアとiPhoneを武器にして
ビジネスやプライベートを面白くするセミナーを
Anegoesの山田トモミさんと企画しました。
9月24日に先日オープンしたばかりの銀座のBeezで開催します。
セミナーの詳細はこちらからお願いします。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

ソーシャルおじさんのFBページはこちらから

 
PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る