2013年R&Bのベスト10を勝手に選んでみた! #耳福プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年も多くの音楽を楽しんできたのですが、年末の日曜日なので
2013年のブラックミュージックのお薦めをセレクトしてみました。
そして、11月からはゼンハイザージャパン耳福プロジェクトに参加したおかげで
今まで以上に素晴らしいサウンドをエンジョイできるようになりました。
因に私はモニターとして密閉型ヘッドホンMOMENTUMを使っていますが
このヘッドフォンで聴くギターやピアノの音は格別で
他のヘッドフォンでは再現できなかった音に気付けるのです。

以下、私がこの一年で聴いてきた10枚の作品をご紹介します。
ABIAHLife As A Ballad
 
N.Y.を拠点に活動するシンガーソングライター!
かつてはJeremiahという名前で活躍していました。
この作品では大人の歌を感じることができ、Abiahの声を聴くたびに切なくなります。
かのRobert Glasperの従兄弟で、Jazzyな曲調もたまりません。
DovesやSeptemberをぜひ聴いてみてください。

NaoYoshiokaThe Light

このNao Yoshiokaは日本が誇る最高のレディソウルシンガーであることだけは
間違いないありません。ぜひ、YouTubeで彼女のライブを体験してください。
実際、パワフルな彼女の歌声はUSでも評価されていて
かのアポロシアターのアマチュアナイトでも準優勝しています。
今年の11月にデビュー作品The Ligutがリリースされましたが
全曲聞き応えがあり、私の中では、ただいまヘビロテ中で聴きまくっています。
 

John LegendLove in the Future 
 
John Legendは毎回、アルバムを出す度に買ってしまうアーティストなのですが
特に、このWho do we think we areの出来は素晴らしく
2013年の私のベストソングだったかもしれません。
彼の声は時々恋しくなるのですが、年末にはWake Up!も含め、何度も聴き返しました。

Ronald IsleyThis Song Is for You

Ronの歌声、それを新作を聴けることは本当に幸せなことだと思います。
50年間も第一線で活躍しているMr SoulのRon Isleyですが
毎回作品を出すたびに、彼の世界に1曲目から引き込まれてしまいます。
ソロになってからのRonの永遠のマンネリ感がたまりません。
KEMとTrey Songzがゲスト出演しているなど
今時感でいつも勝負しているのもさすがです。
 

Alicia KeysGirl on Fire
 
「自分の内なる言葉に耳を澄ませること、本能を信じて解放させ
自分自身を信じることができる」とこの作品のテーマを語るAlicia Keys
3年ぶりの新作はとても骨があり、素晴らしいです。
何度聴いてもサウンドに飽きがこないので、聴くチャンスが多かったです。
個人的にはTears Always Winがお気に入りです!
 

Robert GlasperBlack・Radio2
 
第55回グラミー賞ベストR&Bアルバムを見事に受賞したBlack Radioの続編がこちら。 Worries feat. DweleやI Stand Alone feat. Common, Patrick Stumpの
クールなサウンドがとても素晴らしい。
 

Robin ThickeBlurred Lines
Robin Thickeは白人の中で最もMarvinに近いシンガーであると私は思っています。
Marvin Gaye以外でもとにかく自分の趣味に近いサウンドを
今風に再現してくれるので、聴いていると楽しくなるアーティストです。
GapbandやEWF好きにはたまらないGet In My Wayのファンクチューンなど
70、80年路線のサウンドへのオマージュが、おじさん世代にはたまりません。
 
私にとっては定番のJoeJaheimLatifNina VidalRaheem Devaughnなどの
新作が出たのもうれしい限りでした!
JoeDoubleback Evolution of R&B

JaheimAppreciation Day

K-Ci&JoJoMy Brother’s Keeper

LatifIV LOVE

Nina VidalOpen Ended Fantasy

Raheem DevaughnPlace Called Loveland

この10枚以外にも素晴らしいブラックミュージックの新作が多く
この年末もブログや記事を書きながら楽しみたいと思います。

今もゼンハイザーのMOMENTUMで大好きなRaheem Devaughnを聴きながら
年末の休みの夜をエンジョイしています。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る