ブログを書き続けることの最大の効果は多くの人に出会えること!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
人生において、万巻の書をよむより、
優れた人物に一人でも多く会うほうが  どれだけ勉強になるか。(小泉信三)

ラストゲーム 最後の早慶戦 (角川文庫)で有名な慶応義塾学長の小泉信三氏の
この言葉は本当に重いですね。
小泉氏の言葉を繰り返し読むことで、人に会うことの重要性を再認識しました。

昨年の11月以降、心身共に疲れていて、ソーシャルランチなど
人に出会う頻度を少し押さえていたのですが
これでは、結果が伴わないことがよくわかりました。


実際、人に会わないでいると、なんだが自分が自分でなくなったようで
益々、調子が悪くなっていくという悪循環にはまってしまったのです。
自分一人で考えていると、アイデアにも限りがありますし
カラダの調子が悪いと考えもネガティブな方向に進んでしまうのです。

基本、元気が取り柄なので、ソーシャルやブログでの情報発信は続けていましたが
リアルの集まりに参加しなかったために、人からのインプットが激減したのです。
いつもリアルで出会う多くの方々からインプットをいただいていたのですが
このインプットが減ったがために脳がポジティブに動かなくなったのです。

アウトプットを続けていると不思議に自分に何が足りないのかが見えてきます。

本を読むことも大事なのですが、人に出会い、いろいろなテーマの話をすることで
自分に何が足りていないかがわかったり
会話の中から必要な知識を教えてもらえたりするのです。

また、人に会うことで、自分でアウトプットした情報に対して
リアルの会話からフィードバックを貰えることが一番かもしれません。
自分の殻に籠ることで、そのチャンスをみすみす失っていたのです。
やはり、アクティブに動き回ることはやめないようにした方がよいと再認識しました。
一月の後半から、私はスイッチをオンに切り替えて
積極的に人に会うように自分にタスクを課したのです。

この1週間はアクティブに動き回り、何人かのブロガーの方にもお会いしました。
そして、久々にリアルで会話する中で、多くの気付きをいただけました。
私は3年前に彼らに憧れてブログを書き始めたのですが
そのときに彼らから教えて貰ったのが
ブログを書いているとよいことがあるということでした。

気付いたことを日々ブログでアウトプットを続けていると
アフィリエイトなどの金銭的なメリットだけでなく
いろいろな人に出会えるチャンスをいただけるのです。
書いた記事にソーシャルメディアやGoogleの検索経由で、いろいろな方が引き寄せられ
今まで会うことができなかった方に会えるようになったのです。

Facebookなども出会いのチャンスを増やしてくれるのですが
出会える方々が友人のネットワークに限定されしまいます!
ブログならGoogleの検索経由で、ダイナミックな交流が始まる可能性もあります。
この出会いをデザインしてくれるのが、ブログの最大の効果なのです。

先日、ブロガーのいしたにまさきさんに久々にお会いしてお話ししたのですが
「3年ブログを書き続けるとよいことが起こる」とのコメントが印象的でした。
私も3年目の昨年に多くのことがブログ経由で引き寄せられてきました。
電子書籍のプロジェクトに参加することができたり
セミナーを開催するなど良いことがたくさんブログから運ばれてきたので
いしたにさんのこの言葉にはとても共感しました。
いしたにさんの書籍のネットで成功しているのは〈やめない人たち〉であるには
このようなブログの効果がわかりやすく書かれていますので、ぜひお読みください。

ブログを書き続けることの最大の魅力は新たな出会いをデザインしてくれることだ
ネタフルのコグレさんからも昨日お会いしているときにアドバイスいただきました。
このマキコミの技術に詳細が書かれていますので、こちらもぜひ参考にしてください。
本当に何人かのブロガーのアドバイスを信じて
ブログをやめずに書き続けてよかったと思っています。
私のこの体験が多くのブログを書きたい人に役立つとよいなと思い
最近の出来事を今日はまとめてみました。

ブログを書き続けることで多くの人と出会えるようになったのですから
多少、カラダの調子が悪くても、積極的に多くの方とリアルでコミュニケーションし
気付きをもらって、人生を楽しく変えていこうと思った次第です。
 
Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る