ブログを書くことをやめない理由 #スティーブシーボルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

一流の人は「成長しなければ滅びる」という哲学で生きている。
何事に対しても子どものような好奇心を抱き、他の一流の人たちに質問する。
こうして成長を続けることで、ますます成功し、幸せで充実した人生を送る。
スティーブ・シーボルト(一流の人に学ぶ 自分の磨き方)

酒を飲んでいる時も唯一意識していたことが読書です。
とにかく起きている時間や移動中は本を何冊も持ち歩き、併読(乱読)していました。
酒は威張れたものではありませんが、本好きは自慢できる趣味で
断酒以降も読書には、相当量の時間を費やしています。

しかし、最近は老眼が進化し、紙の本を読むのが億劫になり
最近では、電子書籍が中心になってきました。
もし、Kindleが発明されていなかったら、私の読書量は激減していたことでしょう。 

スティーブ・シーボルトの言うように成長しなければ滅びるのであれば
Kindleのおかげで滅びずに成長を保っているわけです。
KindleやiPadなどのデバイスがソーシャルおじさんの成長を支えているわけです。
成長していると勝手に私が思い込んでいるだけかもしれませんが!(笑) 

本当にジェフ・ベゾスやスティーブ・ジョブズのおかげで読書を楽しめているのです。
願わくはKindleで出版される本が増えることです。
多くの読みたい本が、まだまだ電子化されていません。 

読書を通じてインプットした知識を自分の中で知恵化してアウトプットすることが
このブログの目的なのですが、このアウトプットでは多くの果実が手にはいります。
考えることは知識を知恵化しかつ自分ごと化してくれます。
また、多くの新たな出会いをデザインしてくれます。
例えば、日々書評ブログを書くことで
今まで出会えなかった多くの著書の方々とも仲良くなれました。

読書以上に人を成長させるのが、人との出会いだと信じているのですが
ブログを書くことで、新たな仲間と出会えるようになったのです。
また、違うコミュニティの人とのコミュニケーションが面白い化学反応を生み出し
その仲間たちが、新しいチャンスを運んできてくれるようになったのです。

自分を刺激してくれる方との出会いを
ブログがデザインしてくれるならば
書いた方が良いに決まっています。
インプットだけでなく、アウトプットすることが自分を成長させてくれるのです。
本を読むだけでなく、書くことをやめない理由がそこにあるのです。


Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る