klik-eat! インドネシアではWEBの出前サービスが人気になっている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

klik-eatは、インドネシアで2011年に設立された出前注文サイトです。
2012年1月にサービスを開始したのですが、日本の出前館に近いサービスです。

ユーザーはオンライン、電話、インスタントメッセージで出前のオーダーができます。
経済成長が続くインドネシアには、日本のラーメンショップや日本食レストランが進出し
日本人だけでなく、現地の方からも人気を得ています。

インドネシアの宅配、デリバリー市場はファストフードのみで
まだまだ、選ぶ楽しみは少ないのが現状ですから。
klik-eat多彩なメニューの出前は、インドネシアでブルーオーシャンになりそうです。
雨の日需要や会社のイベント、ホームパーティなどインドネシア経済が成長すれば
確実にマーケットは大きくなりそうです。
若い世代が多いというのも、追い風になりそうです。

klik-eatには、実際、大戸屋やペッパーらんちなどの日本の外食産業も出店しています。

現在、約175店のメニューが、サイトに掲載されていますから
他のメニューと比較するうちに、日本チェーンの認知、理解も高まりそうです。

インドネシアと言えば、渋滞のメッカなので、配達時間が気になります。
配達には、自動車でなはくオートバイを使っているため、渋滞の影響も少なく
デリバリー時間は45−60分だそうです。
日本の感覚だと遅いのかもしれませんが
インドネシアだと許せる範囲なのかもしれません。
渋滞の中、食事に行くことを考えれば、案外便利なサービスかもしれません。

実はklik-eatはインドネシアのechelon 2012で審査員特別賞を受賞しています。
アジアのスタートアップの審査員も出前ビジネスを
ブルーオーシャンと位置づけたのですね!
そして、彼らは『夢の町創造委員会』から資金調達に成功しました。
インドネシアの中流化が進めば、食へのこだわりも
今より間違いなく高まることでしょう。

日本のベンチャーも確実にインドネシアのマーケットを狙い始めました。
所得が増えれば、外食への支出も飛躍的に増加するはずです。
 成長するにつれて、さまざまなニーズが生まれそうなインドネシア!
日本の二倍のマーケットで、ECサイトやスマホアプリなどにチャレンジすれば
5年後には大きな果実を狙えそうです!

今回の記事執筆にあたりアジアクリックの高橋学さんから情報提供をいただきました。
明日、20日にその高橋さんと東南アジアソーシャルメディアセミナーを開催します。
当日は、インドネシアのECサイトなど現地の最新事情を交え
東南アジア各国のソーシャルメディアについて解説したいと思います。

セミナーの申し込みはこちらからお願いします。



スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る