タイ人は動画や写真で、インドネシアはおしゃべり文化!エリアで異なる東南アジアのソーシャルメディア事情。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

明後日の20日はアジアクリックの高橋学さんと
恒例の東南アジアのソーシャルメディアセミナーを開催します。
日本にいるとわからないのですが、タイ、インドネシア、シンガポール、マレーシアの
東南アジア4カ国はスマホ&ソーシャルメディア先進国です。

特に、タイは動画の活用がうまく、涙腺がゆるむバズ動画が多く作られています。
スマホでのタイ語の入力が難しいためか、タイ人のコミュニケーションは
画像のシェアが多くなっていて、クオリティの高い写真や動画が
Facebookなどでもよく見かけます。
Lineのこの動画もとても有名で、日本でもシェアされたのをよく覚えています。

セミナーの度に紹介するのですが、こういった動画で
Lineはマインドシェアをアップしています。
日本のマーコムの戦略とは異なる部分もあり
タイ人の生活の中にとけ込む動画で認知や理解促進を図っています。。

他にもタイの感動CMは数多く、YouTubeのまとめサイトもあります。
ここは感動CMが多いので、見る際には泣かないようにご注意ください。
私はPanteneのこの動画が大好きなのですが、タイの動画のクオリティはとても高く
日本もうかうかしていられない気がしています。
 
タイでは動画や画像のコミュニケーションがFacebookを中心に行われていますが
一方のインドネシアではおしゃべり文化が基本になっていて
TwitterやFacebookでのコメント欄がにぎわっています。

同じ東南アジアでも国民性によって、ソーシャルメディアの活用法も違います。
どの国で誰を相手にコミュニケーションをするのか?をしっかりと決めて
ソーシャルメディア戦略を考えないといけない時代が到来しているようです。
20日のセミナーではそのあたりを意識しながら
東南アジア各国のソーシャルメディア最新事情を高橋さんと解説したいと思います。

セミナーの申し込みはこちらからお願いします。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る