「ソーシャルメディアを武器にするための10カ条」が出版できた理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
自分らしさは、たくさんの失敗が創ってくれます。(福島正伸)

失敗しない人とはチャレンジをしない人だと言えます。
チャレンジをしなければ、成功も失敗もない平坦な人生になります。

毎日が同じような日が続いたらウンザリしますね。

チャレンジをしたのなら、たとえ失敗しても良いのです。
チャレンジすることで、多くの人に出会えたり、応援されたり
失敗を通じて様々な貴重な体験ができるからです。

毎日、ブログを書く中で、いくつかの失敗や嫌な思いもしてきましたが
それ以上に私はたくさんの果実を手にいれることができました。

ブログを毎日書き、自分の考えや体験をアウトプットすることで
文章によって、いつの間にか自分らしさが創られていったのです。

自分の考えや体験を表現することで、ネットやソーシャルメディア経由で
より多くの方と知り合えるようになったのです。
チャレンジとアウトプットで、自分のパーソナルブランドが強化され
ソーシャリアルにフラッグを立てることで、新たな応援者や協力者に出会えるのです!
これで自分のコミュニティが作られ、いろいろな相談ができるようになりました。



『人生ではうまくいったことよりも、 
うまくいかなかったことから、 はるかに多くを学べる。
それはつまり、 うまくいかないことこそ、 人生の贈り物だということだ。』という
ロビン・シャーマのこの言葉を読めば、失敗の価値がわかります。
最近では、もう少し拡大解釈して、失敗は成功の過程で
そのためのギフトだと思うようにしています。

また、チャレンジも、まずは現実なところから始めるのがよいと思います。
いきなり、大きな目標を作成しても、普通の人には出来ません。
本を書こうと思っても、いきなり出版はできません。
考えているだけで、アクションを起こさなければ、何も始まりません。
以前の私がそうでした!「いつかは本を書きたい」と妄想するのみで
20年以上アクションを起こさなかったのです。
当然、チャレンジしない私に出版の話がくるわけはなく
無駄な時間を過ごしてしまったのです。

しかし、4年前にUSTREAMのアウトプットを通じて
偶然、書籍のオファーを受けたのです。
その時に、引き続き、書籍の執筆を継続したいなという気持ちが強くなり
私はブログをスタートし、それをきっかけに多くの方々とのご縁をいただき
雑誌の連載や次の書籍の執筆ができるようになったのです。

まずは、本を書きたいなら企画をつくり、その構成にそって、文章を書き始めるのです。
そして、同時にそれをブログやソーシャルメディアにアウトプットすることで
新たな人との出会いというケミストリーが起こせるのです。

最終のうちは、だれもブログを読んでくれません。
しかし、日々継続しているうちに、やがては応援者が現れます。
良い内容には共感や激励が集まり
わかりづらい内容なら質問やフィードバックなどのアドバイスがもらえます。
ソーシャリアルで自分のやりたいことを伝えていけば
メディアや編集者にもつながれます。

3月25日に新刊の新刊ソーシャルメディアを武器にするための10カ条
発売されるのですが
この一冊も雑誌の編集者の方に書籍を出したいという話をしたら
今回担当いただく編集者を紹介いただけたのです。
そこからブログやセミナーの Keynoteを見ていただき、一気に出版が決まったのです。
また、今回の共著の高橋暁子さんともUSTREAMで出会い
ソーシャリアルで関係を強化した結果が、今回の出版につながったのです。
大きな目標を立てて、夢みるばかりでアクションが伴わないよりも
自分のできることからはじめて、チャレンジする方がはるかに価値があると思います。
まずは、大きな目標を細分化して、今日やれることを始めてみましょう。
自分の考えやアクションをブログなどでアウトプットすることで
自分らしさを創りだせ、サポーターを見つけることもできるようになります。

ブログやセミナーの内容をアウトプットし続けたことで
私も書籍がリリースできたと思っています。本当に継続は力なりなのです。

地平線の向こうにある、魔法のバラの園を夢に見るばかりで、
裏庭に咲いている花を楽しもうとしない人が、
あまりにも多すぎるんだ。まったくの悲劇だよ。(ロビン・シャーマ

Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る