セルフマインドコントロールでより良い時間を過ごす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
セルフマインドコントロールという言葉を最近よく使っています。
文字通り、自分をマインドコントロールしてしまうのです。
自分をよい方向に導くために、今起こっていること
ポジティブにとらえるように脳をコントロールしてしまうのです。

自分は今よい時間を過ごしている!と思うと、スタバでの作業も楽しく思えます。
雑用なども後でよい時間を過ごすために、種を蒔いていると思えば
なんだか楽しいコトに感じられるから、不思議です。。

自分の考えを少しポジティブにマインドセットするだけで
なんだか世界が変わって見えるから不思議です。
今は良い時間を過ごしていると脳に刷り込めば良い時間になりますし
過去の失敗も失敗だと決めつけずに、記憶をよい方向に変えてしまって
成功だと思えば、自分の自慢できない過去も素晴らしいモノに早変わりします。

西田文郎氏の予感力から、脳の刷り込みの効果について引用します。

マインドコントロールと同じですが、悪徳占い師のように不安や恐怖を脳に刷り込むのでなく、逆に「ツイている」とか、「幸せだ」とか「自分にはできるはずだ」という〈いい予感〉の土台になるものを脳に刷り込んでいくのです。たとえば、ツキに関して言えば、「毎日生活していれば運に恵まれないことも起こるのではないか」と思うかもしれません。しかし、そんなことは気にせずに刷り込みが行われた人は、毎日〈ツイていること〉ばかりに目を向けるようになります。

毎日、セルフマインドコントロールするだけで、見える景色も変わってきます。
自分にはできるはずだと思うことで、勇気が湧いてきます。
小さな自信を脳の中に積み重ねていくことで、どんどん元気になれるのです。
そうするとますます、良いことが引き寄せられてくるように感じています。

時間という概念で考えても、できるだけ楽しいことを考えたほうがよいと思っています。
シャーロット・ブロンテも言っていますが時間には限りがあるのですから
ポジティブに過ごせた方がよいに決まっています。
人生は短いから、私は憎しみや不正を
いつまでも心に残してなんかいる暇がないような気がするの。

新刊ソーシャルメディアを武器にするための10カ条が3月25日に発売予定です!
応援よろしくお願いします。



Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る