新幹線などの出張時の充電で心配しない3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

月曜日の朝いかがおすごしですか?
雨の月曜日、私は朝から満員電車に揺られ
東京駅から大阪行きの新幹線に乗り換えました。
とりあえず、のぞみの電源席を事前に確保していたので
これから大阪までiPhoneとMacBook Airの充電は完璧です。

新幹線に乗るときは、窓側の電源席を確保することが鉄則です。
私は事前にみどりの窓口で席を押さえるようにしています。
事前に準備をしておくことで、出張の際の悩みを一つ解消できます。 
最近の出張ではとにかく充電が問題なので
新幹線の座席以外にも、充電対策を立てています。

出張の時にいつも持ち運ぶ充電・給電ギアの一つがHyperJuiceです。
今日もバッグの中にこのHyperJuiceを入れてきましたから
MacBook Airの充電でも不安がありません。

なんとこのHyperJuiceは他のスマホ用の充電器とは異なり
MacBook Airの充電にも対応しているのです!!
充電の際には別売りの
HyperJuiceでMacBook を充電出来るコネクタC28 Z6が必要になります。

このHyperJuiceの購入で、出張先での充電問題に頭を悩ます必要がなくなりました。
iPhoneなどのスマホでも、HyperJuiceを使えば、何台ものフル充電が可能になります。
当然、iPadの充電にも対応していますから、タブレット派の方にもお薦めです。
すこし通常の充電器よりもサイズは大きい(9.6 x 12.5 x 2.1 cm,358g)のですが
仕事をスムーズに行いたいMacユーザーには必須の充電器だと思います。

私の場合はiPhoneとiPad、MacBook Airが、出張の必需品になるのですが
今回、便利なUSPポートUSB充電器 5ポート 700-AC007Wを見つけました。
なんとタブレット、スマートフォン、ポータブルオーディオプレイヤー、
モバイルバッテリーなど最大5台のギアの充電が可能なUSB充電器なのです。

 iPadの充電ができないポートが安い製品には多いのですが
こちらは1ポートの出力が2.1Aに対応しているので
iPadなどタブレットの充電が可能なのがうれしいですね。
裏面にはマグネットが付いているので
スティールのデスクなどに固定できるので 出張の際にも重宝します。

ビジネスホテルなど電源がすくない場所でもこのUSB充電器
5ポートあるので、iPhoneを3台使いしている私でも安心です。

当然、自宅や会社など出張以外でもこのUSB充電器は使えます。
カラーはホワイト、ブラックの2色展開です!

新幹線などの出張時の充電で心配しない3つの方法
■電源席を事前に確保する!
HyperJuiceでMacとiPhoneの充電を!
■5ポートのUSB充電器を持参する。

以上の3つで私の出張時の電源問題が解決できます!!

新刊ソーシャルメディアを武器にするための10カ条が発売されています。
4月25日には大阪で発売記念セミナーを開催します。
詳細はこちらからお願いします。

Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る