いよいよオーサーランクの時代か?オーサーランク恐るべし! #Google+ #オーサーランク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

netgeekのこのオーサーランクの記事が話題になっています。
netgeekのネタ元はYouTubeの動画で、あのMatt Cutts氏の発言です。

Will backlinks lose their importance in ranking?

「Googleの品質管理チームの責任者であるマット・カッツ(Matt Cutts)氏が公開した動画にて、これから検索のルールを被リンク重視から著者重視に変えていくと明言した。」(netgeekから引用

 
実は、この記事を読む前にGoogleのアルゴリズム変更が変更されたことを実感しました。
私のエゴサーチの結果が後述のように全く変わってたのです。

アメリカから帰国中の松村太郎さんとのミーティングでも
Googleのアルゴリズム変更は話題になりました。
本当にリンクではく、良質なコンテンツをアップすることが
検索結果の条件になってきたのです。
オーサーランクやGoogle+が検索順位に大きく影響し始めたのです。
言い換えるとオーサーランクとリアルタイム性(投稿の新しさ)
今後はポイントになりそうです。

※オーサーと認識されている筆者徳本昌大の顔写真入り投稿

さて、私のエゴサーチの検索結果が今日の15時に大きく変わっていました。
以前は、Googleにログインしている状態だと
Amazon、私のブログ、Facebookという順位でしたが
15時の段階ではAmazonの順位が下がり
私のブログ、和田基さんのG+での私のブログのシェア、Facebookになっていました。

そして19時段階ではなんとFacebookが1位になっていました。

そして、和田基さんのG+での私のブログのシェアが2位になっていました。
この習慣化ブログは3位になっていました。

Googleにログインしていない場合はFacebook、私の習慣化ブログでした。

検索結果は今後どうなるか、まだまだわかりませんが
トレンドはオーサランクを基準に考えた方が良さそうです。
オーサーランク即ちコンテンツ生成能力が今後のキーワードになってくるのです。
バックリンクからオーサーランクに移行することで
SEO業者さんは確かに受難の時代かもしれません。

※私、徳本昌大のGoogle+もぜひフォローください。

ソーシャルメディアを武器にしましょう!
徳本昌大の新刊もよろしくお願いします。

MacFanではアプリの連載記事を担当しています。


スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る