パラダイムを壊すことと夢見ることが勝者の条件。勝つ人はなぜ、「この言葉」を使うのか?の書評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
人はそこにあるものを見て、これはなぜだと問う。
しかし私は、そこにないものを夢見て、なぜないのかと問う。 (バーナード・ショー)

ものごとをそのままに見て、なぜそうなのかと問う人たちがいる。

私はこれまでなかったものを夢見て、なぜないのかと問う。
(ロバート・F・ケネディ上院議員)

勝者の条件は世の中をそのまま受け入れずに、理想に向かって夢を見る人だと
書籍勝つ人はなぜ、「この言葉」を使うのか?では紹介されています。
なぜないのか?を問うケネディの思考法を真似したいと思います。

そして、夢見る人は全体のたった1%に過ぎず
その能力が今とは全く違う世界を生み出すパワーの源なのです。
夢は人間の能力を飛び越える力を持っているのですから
まずは、夢見ることをしない限り人生は面白くならないのでしょう?

夢のパワーについて、書籍勝つ人はなぜ、「この言葉」を使うのか?から引用します。

勝者は世の中をそのまま受け入れることをしない。彼らは、世の中はこうあるべきだという理想に突き動かされる。ビジョンは使命となり、その使命が人々の経験を新たに形づくる。もしあなたが「なぜないのだ」と考えないのであれば、それは勝者への道ではない。ショーもケネディも、世界のたった一パーセントの「夢見る人間」が特別な進歩をもたらし、残りの九九パーセントは、それを満足げに眺めているだけだということを理解していた。二人とも「夢見る」という言葉を使ったことに注目しよう。他の行動と違って、夢は人間のもつ限界を飛び越えることができる。夢の中にルールはない。重力でさえ消えてなくなる。空は好きな色に塗り替えられる。夢は我々に現実とはまったく異なる世界を見せてくれる。予知とまでいかなくても、今とはまったく違う将来を想像する能力を与えてくれる。

スティーブ・ジョブズも未来を夢見た一人です。
彼は人が幸せになる方法を思考し、既存のパラダイムを壊し
自分の欲しいモノを次々と生み出していきました。
App StoreやiTunesもその一つで、多くの人々がアプリや音楽などの
発表の場を手に入れ、人々への貢献をここからスタートできるようになったのです。

現在一番進んでいるプラットフォームはアップストアだろう。アップルは電話を売っているが、実際のところ多くのiPhoneユーザーにとって、これは本来の電話ではない。電話機能は補足のようなものだ。iPhoneはコミュニケーション・テクノロジーとコンテンツのアプリケーション・テクノロジーを届けるプラットフォームであり、それによって人々の暮らしにおけるイマジネーションと創造性の境界が押し広げられている。アップストアはそれぞれの「製品」も売っているが、アップル社がこのプラットフォームを世界に広げようという決断を二〇〇七年に打ち出して以来、その意思は途切れることなくクリエイターやユーザーたちに受け継がれ、iPhoneや近年のiPadをさらに強力なものにした。iPhoneユーザーの98パーセントはさまざまなデータサービスを使っていて、88パーセントはインターネットを使っている。もはや単なる電話として使われているわけではない。

みんながアプリを開発するはプラットフォームを実現することで
世の中をよくできると考えたスティーブ ジョブズには
電話の未来、コミュニケーションの未来が見えていたのです。
手のひらの中のiPhoneが多くの課題を解決したり、人を楽しませられると
スティーブは夢見ていたからこそ
多くの開発者が参加するプラットフォームが作れたのです。
既存の電話やミュージックプレーヤー、カメラというパラダイムを壊し
iPhoneという新たなコミュニケーションプラットフォームを生み出せたのです。

夢を見てパラダイムを壊すことによって、勝者は新しい標準や目安を生み出し、現実世界のルールをそれらに適用させる。勝者はこの一段上の自由な創造性をもっている点で、並の人間たちと異なる。彼らが成し遂げた多くの偉業の源はそこにある。

既存のパラダイムの中に課題を見つけ
未来の人々の生活を改善する夢を持てるか?が勝負の分かれ目なのでしょう。
夢があるからこそ、彼らは失敗を恐れずにチャレンジできるのです。
そして、夢を実現するという思いが、継続力につながっているのです。
遅いという言い訳を捨てて、夢をもう一度見たくなりました。


PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る