Evernoteに目標を書き出すことで、夢を実現する方法 #習慣化 #Evernote

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
紙に目標を書き出すと良いとよく言いますが
最近では、私はiPhoneとEvernoteを活用して、目標の管理をしています。
これだと、いつでもどこでも自分の目標を書け、チェックできます。
これで、自分の目標を忘れずに自分ゴト化できます。

Evernoteに目標を書くときに気をつけていることは以下です。
■できるだけ目標を具体的に記入する。
■デッドラインや締め切りを記入する。
■読むべき本を書店やGoogleで調べておく。
■誰とやればいいのか?を記入する。
■アドバイザーやメンターは誰かを考え、記入する。
■目標達成したときの自分の未来のイメージも書き込む!


目標はできるだけ具体的に書いておくといいです。
具体的にすればするほど、すぐに行動につなげるからです。
抽象化された目標だと、なかなか行動に移せないものです。

例えばダイエットだと、ただ単に痩せるのではなく
8月10日までに3Kg体重を減らすなどと
具体的な数字に落としこんだり、期限を決めるとよいのです。
数字にすることで、脳が意識し始め、やる気が起こってきます。

また、このときに◎◎スポーチジムで友人の△△さんと一緒に
ダイエットプログラムを行うなど、仲間を巻込むようにすると良い結果が伴います。
あるいはソーシャルメディアで目標を宣言してみると
衆人環視の状況になりますから、自分に厳しくなれます。
Evernoteで毎日、目標をチェックしながら
ソーシャルメディアも活用するのが、ベターですね。

アクションを起こすときの道しるべに書籍を買うのもお薦めです。
目標達成のためにはとにかくいろいろなことを脳に刷り込んで
すこしでも早くアクションを起こし、継続できるようにすることがポイントです。
その際、書籍を読むこと(ベイビーステップ)で、思考は現実化し始めます。

また、専門家のアドバイスを貰えれば、目標達成も早くなります。
ですので、目標を作成したときに、誰に質問すればよいのか?
誰に応援、アドバイスをしてもらえばよいかを書き込んでおくと
その後、不思議とその人たちが引き寄せられてきます。
この引き寄せ、巻き込みが目標達成の決め手になるのです。

最後になりたい自分のイメージも書き込んでおくとよいでしょう。
実際、これは効果が結構でていて、私自身も驚いています。

昨年、あるミーティングで全脳思考高橋政史さんをファシリテーターに行いました。
そのときのストーリーをEvernoteに具体的に記入したのですが
なんと今年の夏には、それが実現しそうです。
本当に夢や目標をEvernoteに書き出すことで、いろいろなコトが引き寄せられるのです。

高橋政史さんの関連記事
全脳思考の関連記事

  
Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る